« 昭和が遠くなってきた。2018/11/25~27 | トップページ | 2019年いろいろ初め »

2019年1月14日 (月)

2019年 新春の信沢夫妻

Dsc_0083_hatsumode_maebashi_hachima

2018年の大晦日「間もなく12時になるから」と初詣へと出た。

Dsc_0081_hatsumode_maebashi_hachima

玄関を出ると寒い。とても冷たい。でも、目の前を2組ほどのカップルが歩いている。さすが大晦日。そんな2組はどんどん北へと向かう。「大蓮寺の抽選会目的か?」などと会話をしつつ、「寒いから八幡様」と抽選会の一行からはすぐに脱落。午前0時を回ったばかりの八幡様には数十人の行列ができていた。まあ、その程度。その昔は我が家の前を沢山の初詣の人がざわざわと歩いていた。今は随分と静かである。

Dsc_0141_maebashi_door

朝は雑煮とおせちだったが、遅い昼は表に出る。国道17号の角がしばらく空き家になっているようで柿がたわわに残っている。

Dsc_0167_maebashi_joyfull

そしてこちら。

Dsc_0179_shinsyun_joyfull

新春のジョイフル。(笑)

Dsc_0242_maebashi_kaki_sunset

夕刻の帰り道、近所の柿の木は葉も実もなくなり露になった枝が竜の様だ。

Dsc_0277_sunrise_maebashi

2日は早朝に起き、茨城県の真壁町へ。

Dsc_0288_sunrise_65vw

ワーゲンに乗って新春の日の出を楽しむ。

Dsc_0352_65vw_old_gas_station

下館から県道7号で真壁へと向かう。途中のコンビニよると斜向かいに昔のスタンドが残っている。ちょっとおじゃまして記念写真を撮らせていただいた。

Dsc_0465_makabe_machi

真壁町は古い町並みが残る歩いているだけで楽しい町。

Dsc_0422_makabe_syuzou_ato

こちらは旧酒造である。お雛様が飾られ、見学をしたこともある。

Dsc_0430_syuzo_makabe

店舗部分は往時の面影を色濃く残し、立派な土蔵も往時を語る。

Dsc_0492_sekizaiten_makabe

旧真壁駅近く、線路沿いの道に残る建物は石材屋であろう。真壁石を鉄道で出荷していたのだろうか。

Dsc_0524_vws_in_muraijyozo_makabe

いつもの村井醸造にワーゲン仲間と寄り、新酒を購入し蔵を見学。

Dsc_0578_muraijyozo_makabe

3.11の震災で蔵の屋根瓦や壁の一部がぐずぐずになった。あれから7年経ち、屋根瓦は殆ど葺き直されていた。しかし、崩れたままの壁面もあり、まだまだ復興、修復は終わらない。

Dsc_0609_muraijyozo_makabe

歴史を語る古い酒蔵の事務所の窓にワーゲンたちが映り込む。

Dsc_0683_makabe_yubinkyoki

昔の街道には郵便局が残る。その向かいの立派な時計店は震災で解体され更地となったまま。人通りも以前よりも減り、「おはようございます」と大きな声をかけてきた子供たちの姿もなくなった。

Dsc_0784_vws_in_makabe

以前は2軒、3軒の食堂がやっていたが、もうそれに期待はできない。黄金屋の平四郎最中を買って町を後にする。

Dsc_0860_kabasan_jinjya

郊外の焼き肉レストランで昼食を摂ると加波山神社へ。昔の石切り場が先にあり、道中には古い廃業した石材屋が点在し歴史を感じる。

Dsc_0913_kabaho_station

帰る前に、私が通ってみたかった道へと。旧蒲穂駅から真っ直ぐに加波山へと続く道。駅寄りのところに大きな鳥居が今も残る。石材を運び出すために誘致された駅だが、加波山への参道の起点となった。今は鳥居が残り往時の賑わいを伝えている。

Dsc_0948_kabaho_jinsya_ato

ついでにもう一枚。その石材軌道跡の辺りである。写真中央のミラーから真っ直ぐこちらに軌道は延びていた。軌道は中央のカーブミラーのところで左に曲がり、左手のミラーのところで右に曲がりそこから直線的に加波山の石切り場へと向かっていた。

Dsc_0152_fujikura_syokudo

夕飯は前橋に戻って藤倉食堂さん。

Dsc_0169_fujikura_syokudo

新春の夕飯は2日も外食な我が夫婦だった。

さて、いつもと変わり映えのしない2019年が始まった。

|

« 昭和が遠くなってきた。2018/11/25~27 | トップページ | 2019年いろいろ初め »

トロッコ」カテゴリの記事

ワーゲン」カテゴリの記事

前橋」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/74943596

この記事へのトラックバック一覧です: 2019年 新春の信沢夫妻:

« 昭和が遠くなってきた。2018/11/25~27 | トップページ | 2019年いろいろ初め »