« 西浅草、銀座界隈のお花見!? | トップページ

2017年5月18日 (木)

居酒屋で飲むということ

納豆巻とコーラの図である。納豆巻がコーラと合うのかということはどうでも良い。

20170518_0200_img_3768_

今日は少々の残業をして上野で飲んだ。

上野の司馬に行くと常連の二人がいて、そこそこ話は盛り上がるが、そこへ常連の、私からするとお姉さんが現れた。
彼女の話は、ちょっと飲んでいたせいか、いきなり深いというか、面白い。
そこへ、このビルに務めている超常連がやって来て、フィンランドの説明の原稿を見せられた。これが面白かった。彼が長年仕事で行っているフィンランドの話を地元の町内会のチラシに載せるという原稿である。読み出してすぐに、これは氏の経験に基づき、誰もが分かるようにまとめた話だと理解する。長年、この会社に勤め、フィンランドと行き来をしていた氏だからこその話だった。
そのなかに「フィンランディア」とこう言葉が出てきたので、「チャンチャンチャンチャンチヤ、タラらラララ~」と口ずさんだら「あんた、何で知ってる」となり、そこから音楽のマニアックな話に展開した。他の常連さんは、こちらのマニアックな話が聞こえたのであろう。向こう側で別の話で盛り上がっている。とにかく、久しぶりに、私の好きな音楽は何かを力説させていただいた。
まあ、そんなことをしているから、閉店の時間も過ぎ、追い出されるかのように会計をして、セコムのドア解除ボタンを押して出る。いつもと違い、帰り道の人通りは少ない。ただ、何かコーラスの練習をするかのように声を出して歌っている若い女性二人に追い越された。
大したものも食べていないので、100円ローソンで納豆巻と明日の朝ご飯用のパンなどを買って西浅草に。
しかし、余程機嫌が良かったのであろう。一旦マンションに寄ってから、西浅草の「カワバンガ」に寄る。都合の良いことに若い4人組がいて盛り上がっている話に入ると、隣の奴と今後の仕事について話をしてしまった。といか定年が近いからどうするべきかと話をしてしまった。彼はなかなか良いやつで、私の話に「そうだそうだ」と言わんばかりに同調してきた。
で、何が言いたいのかというと、司馬は私の先輩方が多いのである。ある面、私が話を合わせながら、ありがたい話と、ありがたい評価をいただくのである。
カワバンガは、マスタが私の長男ほどの年齢。若い客が多いのである。ここに来れば、若い奴らの楽しい話が聞けるのである。それが、私には苦痛ではなく、心地よいのである。
司馬で先輩方のありがたい話を聞いたら、カワバンガで若いやつらのありがたい話も聞かなければ収まらないのである。
しかし、良かった。世代や環境の違う人たちと語り合ったり、話を聞いたり。そんなことが大事だと改めて思ったのである。
ここ二週間ほど、風邪気味で困っていたのだが、今宵は快調だった。少なくとも、私には快調に感じられた。
そんなことが大切なのかなと思う。
そんな精神的な部分が良くならなかったら、体調などは良くならないのではないかと。
デハ、おやすみなさい。

|

« 西浅草、銀座界隈のお花見!? | トップページ

西浅草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/70595330

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋で飲むということ:

« 西浅草、銀座界隈のお花見!? | トップページ