« 王滝村の帰りにちょいと寄り道。 | トップページ | 前橋おでんの日々 »

2016年10月21日 (金)

「僕はね…」

年配の方々は趣味の話とか、飲んでいるときとかであっても「僕はね…」という言い方をする。

だいたい70歳以上かな。もっと上の方々かもしれない。

それよりも若いと、飲んでいれば「俺はね…」とか、「私はね…」となる。
俺というのは我を張った言い方かな。カッコつけていっている感じかな。
私も特に仕事の時は「私は」と『私』を使う。丁寧な感じだけれど、やはり普段の会話で『私』を使うと、ちょっと気取った我を張った感じにもなる。
ところが、年配の紳士のみなさんは『僕』と言う。なんとニュートラルな、柔らかな表現であろうか。
飲む場、つまり社交的な場。様々な人がいるところで『俺』というはダメな気がする。
『私』というのも、気取った、他人行儀な感じがしてくる。
そんな場で「僕はね…」非常に感じがいいと思う。『ボク』というと子供っぽい感じもするが、そのように限定した使われ方でなく、大人も子供も、『僕』が普通に使うのにちょうどいい感じがする。
そんなわけで、僕も心して『俺』、『私』、『僕』を使い分けたいと思っただけ。
ただそれだけのことでした。

|

« 王滝村の帰りにちょいと寄り道。 | トップページ | 前橋おでんの日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/68043620

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕はね…」:

« 王滝村の帰りにちょいと寄り道。 | トップページ | 前橋おでんの日々 »