« トミカ・タウン!? 岐阜県の富加町 | トップページ | 2016年の岡山行き »

2016年7月31日 (日)

梅雨明けて、いきなり真夏、2016

Dscn8951_himawari_asakusa

7月28日の木曜日、浅草を出て大崎駅へ着き駅前を歩き出すと、前日までの曇天が通り過ぎる隙間から、真夏の太陽が照り付けた。

Dscn9021_ichimatsu_osaki_tokyo

大崎ではいつもの「とんかつ一松」の日替わり定食。一松のおばさんが「梅雨が明けたんだってよ」と言う。

Dscn9068_sunset_kanda_tokyo

夕刻、東に抜けていく雲を追いかけるように、西からはまぶしい太陽が灰色の雲を照す。

P7290295_sunshine_isesaki_gumma

翌金曜は郡馬プチ出張。ワーゲンで客先へ。夕刻、早めに帰宅するワーゲンの車内は完全に夏。

P7300012_honmachi_maebashi_summer_2

土曜日は少し遅い昼。街中の青井食堂へと出かけたが、玄関を出ると「空が真っ青だよ」と言う。

P7300004_summer_maebashi_2

しかし、北を見ると、何やら夏らしくない美しい雲が。

P7300020_blue_sky_maebashi_2

南は真っ青、北は秋のような綺麗な雲が広がる。そんな光景のお陰か、暑いが少し心地よい感じもしていたが。

P7300048_hosoi_cycle_shop

青空と雲が面白くて、道草を食う子供のようにもたもたと歩く。

P7300074_ginza_dori_maebashi

えり子さんは先に青井食堂に行ってしまう。遅れて店内に入ると、汗が噴き出した。過ごしやすいようでも、やはり暑いのは暑い。

P7300110_blue_sky_white_cloud

遅いお昼は二人で、ビールとサラダと冷奴とソースカツどん。食べ終わって表に出ても綺麗な空だった。ただ、雲は南に広がっていた。

P7300194_gumma_kencho

空が楽しくて暑さも感じなかったが、なんだろう。湿度が高かったのかな。

P7310061_summer_omotecho_maebashi

そして、本日の日曜日。暑いじゃん。テレビで鈴鹿8耐を実況する中、「月刊とれいん」の連載を進め、すべての原稿が終わって昼食だが、暑いので一番近いジョイフルにした。距離か短いからまあ、暑いことは暑いが、大したことはない。

しかし、自宅へ戻ると暑い。午後の最高気温の時間帯だから暑いのか。時間が経っても暑い。8耐のゴールが近づいたころ、外で雷が鳴り始めたが、雨の気配はない。夕飯を食べれば、汗、また汗である。

今年はやっと梅雨が明けたと思ったが、いきなりの連日の暑さに体がついていけないのであった。

さて、トイレいって、シャワー浴びて、浅草へ向かうか。

|

« トミカ・タウン!? 岐阜県の富加町 | トップページ | 2016年の岡山行き »

前橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/66776352

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明けて、いきなり真夏、2016:

« トミカ・タウン!? 岐阜県の富加町 | トップページ | 2016年の岡山行き »