« 前橋中央通りの丸十ベーカリー閉店 | トップページ | 乗って残そう上毛電鉄、食べて残そう藤倉食堂 »

2016年3月25日 (金)

はにゅ~。小田原、鎌倉、浅草の最後に羽生へ

Dsc_0119_69_w1500_higashihonganji_a

2016年3月12日、小田原、鎌倉とトロッコを尋ね、西浅草に戻って宿泊。翌朝13日は羽生に寄って帰ることとした。

Dsc_0156_hanyu_ekimae

朝9時過ぎに西浅草を出て走り出すと意外といい調子で走れる。「よし、昼は羽生にしよう」となる。

Dsc_0165_hanyu_lunch_chukadon

羽生の駅の裏側に行き、なんとなく駐車場を探すと、一回500円ながらほぼ満車。駅の表に向かい駅前へと出ると喫茶店のランチがあるではないか。手前の駐車場が空いていたので、戻って入る。

Dsc_0168_hanyu_furui_ienami

一回500円の割には置いている車が多い。はて、羽生の街はそれほど人気なのかと思う。しかし、喫茶店でランチを食べていると判明したのである。「羽生マラソン」の日であった。

大勢の人が歩道を歩き出し、駅や先ほどの駐車場へ向かっていったのである。

Dsc_0192_hanyu_mado_tesuri_2

一回500円であるから、'69 ワーゲンはそのまま置いて羽生の街を好きなだけ散策である。

Dsc_0234_hanyu_yakitoriya

駐車場の脇の道からして渋かったので、駅を背にしてその道を歩きだす。渋い。渋すぎる。

Dsc_0252_hanyu_nagashidai_no_ashi

少し行くと古い街道のような、美しいS字を描いた道に突き当たった。もう一本先が広い街道のようだが、二本の街道が並行するようなところが妙である。

Dsc_0275_hanyu_hosonagai_akichi

一本先の街道へ出ると、やはり歴史を感じさせる通りであった。奥の深い細長い敷地である。残念な事に多くは建てかえられ、また細長い空き地になっていてしまっているが。

Dsc_0283_hanyu_oinarisan

奥が深い空き地の向こうの端に小さなお稲荷さんがあったりする。きっと立派な店なりあったであろうと想像させられる。

Dsc_0304_hanyu_roji_sushiya

広い街道は歴史があるのであろうが、あまりに変わり果てており、狭い路地を抜けて一本裏道で少し戻る。

Dsc_0338_hanyu_iseya_shoutengai

羽生駅北側への踏切へと続く道に右に折れると、昭和の香りが充満した商店街となった。

Dsc_0348_hanyu_furui_doxou

ただ営業している店は少ない。一軒だけラーメン屋さんの店頭に数人が待って賑わっていた。

Dsc_0374_hanyu_miryokuteki_crossing

最初に出た街道のところに来ると大きな倉庫が。農業倉庫なのだろうか。更に次の角に行くと、街の中心部のような角に出た。

Dsc_0379_geneki_kinchoru

角々の店が大きくて懐かしい。一軒は富士屋食堂。昭和の時代に良くあった食堂の名前ではなかろうか。

Dsc_0402_hanyu_railroad_crossing

その先は、ちょっと寂しいぐらい店が少なくなり、東武の踏切である。

Dsc_0411_hanyu_okugafukai_machiya

踏切の手前は、昔はさぞかし賑わったであろうことを感じさせる神社だが、その手前に奥の深い建物が残っていた。

Dsc_0447_hanyu_chichibutetudo_cross

東武の踏切を渡った先に、秩父鉄道の踏切があるが、左へ入る路地を見るとそこにも踏切。羽生駅から左カーブをしていくからなのであるが、位置関係が不思議でついついその踏切まで行ってみる。

Dsc_0467_hanyu_touasyuxou

その先で日曜だからであろう。子供がお父さんのチラシ配りを手伝ってはしゃいでいる。その辺りで地図を確認すると、右に曲がった正面が東亜酒造であることに気付く。

Dsc_0498_hanyu_toasyuzo_mokuzou

突き当たったところを左に折れて酒造を一回りすることとする。二つ角を曲がったところでいい匂いが漂っていた。お酒の匂いである。勿論、日曜で店舗はやっていないことは承知の上での一回りである。

Dsc_0551_hanyu_sengen_iron

ぐるりと回って、秩父鉄道を渡り、東武の踏切近くに行って驚いた。左に入った先に昭和30年代、私の子供の頃に見慣れていたような光景が。

Dsc_0582_hanyu_asama_iron

「浅間アイロン」、浅間神社の近くだから「せんげん」と読むのか、「あさま」と読むのか。でも、「あさま神社」と呼ぶところもあるな…。

Dsc_0623_hanyu_furui_syoutengai

道なりに小さな踏切を渡った先は、正に私の子供の頃の景色であった。

Dsc_0627_hanyu_shibui_roji

えりこさんも、楽しそうに歩いている。

Dsc_0666_hanyu_old_shopping_street

突き当たりは、古い商店街である。うなぎ屋もあるから、往時は高級な一角だったかもしれない。

Dsc_0687_hanyu_amatarou

商店街を抜けると、行きに感じた街の中心的な角に出た。やはり、ここは中心地なのかと思う。

Dsc_0694_hanyu_toy_store

左に折れると「あま太郎」の看板が眼に入り、「買って行こう」となった。店で「小倉餡と白餡と五個ずつ」といいつつ良く見ると、「おかあさんこれ一個50円だよ!!」である。前橋の甘太郎の半額である。10個買って500円とは人気のはずである。気が付くと、5、6人が後ろで待っていた。

Dsc_0730_hanyu_jitensya_okiba

加須、羽生、行田と中山道や日光街道から外れているのだが、いやいやどうして歴史を感じさせてくれるし、歴史が残っている。

やっぱり歩いてみると良いものである。前日の小田原、鎌倉で訪問した店も良かったが、それ以外は車も人も混雑していて、昭和を楽しむどころではなかったが、穏やかな天気の元、羽生はのんびりと、ゆっくりと昭和を楽しめた。

はにゅ~、いいんじゃないの。

|

« 前橋中央通りの丸十ベーカリー閉店 | トップページ | 乗って残そう上毛電鉄、食べて残そう藤倉食堂 »

ワーゲン」カテゴリの記事

昭和」カテゴリの記事

酒蔵」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/64626489

この記事へのトラックバック一覧です: はにゅ~。小田原、鎌倉、浅草の最後に羽生へ:

« 前橋中央通りの丸十ベーカリー閉店 | トップページ | 乗って残そう上毛電鉄、食べて残そう藤倉食堂 »