« 北風の中、おしどり食堂へ | トップページ | 記録的大雪の高崎線から奇跡の生還!? »

2013年12月21日 (土)

6,818円のデジカメで東京スカイツリーを撮る!!

Dscn1196_nishiasakusa_hachiman
ちっこいデジカメが一つ欲しくて、amazonで検索したら、6,818円というNikonのS3500というのが目に付いた。この値段だったら良いだろうとポチットしたのだった。そして、好天の中、スカイツリーを試し撮り。

実際は、浅草の蛇骨湯の方から、NikonのF-601というカメラをもらい、その本当の試し撮り。

Dscn1212_tawaramachi_kaminarimon
昼を過ぎて、西浅草に出ると、昨日までの荒天が嘘のような青空。八幡様のところを横切ると、国際通りを田原町方面に行き、雷門通りと浅草通りの間の路地を歩く。

Dscn1229_kaminarimon_skytree
電線が沢山横切っていたり、古い建物が残っているのが良い。その傍らにある東京スカイツリーが、とても面白いと思う。

Dscn1253_komagatabashi_skytree
古いものといえば、駒形橋とうまや橋もそうである。

Dscn1274_komagatabashi_skytree
貫禄のある橋のとともにスカイツリーを映す。スカイツリーが脇役である所に意味があると思う。

Dscn1290_komagatabashi_asakusa
美しい鉄橋の骨組み。その向こうに、有名なビル群とスカイツリーを置く。

Dscn1313_kiyosumidori_skytree
駒形橋を渡れば、清澄通りの交差点に出る。真正面にスカイツリーが見えるスポットであるが、冬のコントラストの強さを生かして、高速の下から撮影する。

Dscn1372_apartment_sky_tree
そのまま、清澄通りを歩いたら、浅草通りに出てしまうから、また裏道を歩く。但し、業平橋のところから続く大横川跡地の公園が横切り、少し広い通りへと行く。橋となり、公園を越えて行くが、今回は下に降りてみた。

Dscn1385_yokokawa_old_house
橋の向こう側には古い工場というか資材置き場のような建物が残っている。その辺りには、艶やかな花々が咲いていた。再び階段を上り、この古い建物を見ると、解体の準備が始まっていた。

Dscn1407_oshiage_tensojinjya
そのまま行くとつまらないので、ジグザグに押上駅方面に向かう。お城のような和菓子屋があり、そこで思い出す。押上天祖神社である。以前にも鳥居越しにスカイツリーを二度ほど撮った。

Dscn1415_oshiage_tuta_sky_tree
神社を出ると、正面の建物に、気持ち良いほどの蔦が張り付いていた。
実は、押上で遅い昼を食べようと思っていたが、ここまで随分と時間を使ってしまった。マクドナルドの先から、西十間橋を渡ればもう近いのだが、いやいや喫茶店の「まあぶる」に付いたら午後3時になっていた。

Dscn1459_oshiage_sunset_skytree
日が暮れるのは早いものである。チャーハンを食べてアイスコーヒーを飲みながら、お店のおばちゃん二人と、近所のおばちゃん二人と話していたら、随分と日が傾いてしまった。更に、押上の角のたばこ屋のおばちゃんの所に顔を出したら、これまた長話を聞くことに。

線路のところまで行く頃には、もう太陽が沈みそうになっていた。

Dscn1494_reflection_tokyo_sky_tree
5時までには西浅草に帰りたかったが、まだ時間がある気がして、業平橋駅(旧)まで歩く。途中で夕日を浴びたスカイツリーがビルに写っているのを発見する。出来るだけ、実物と対称になるようにして撮ってみた。

Dscn1499_tv_antenna_and_sky_tree
そこからは、以前から良く歩いている、十間川と浅草通りの間の細い路地を行く。不思議なことに、この隙間の真上にスカイツリーが見えるのである。

Dscn1506_orange_tree_and_sky_tree
丁字路に突き当たると、夏みかんだろうか。オレンジ色の実を付けた木が。そこから見上げるようにスカイツリーを撮る。スカイツリーの近くで撮る時は、何かを入れて見上げるのがポイントだと思っている。

Dscn1541_asakusa_station_sunset
140円で切符を買って、東武電車に乗ると「後ろ二両はドアが開きません」の放送を聴きつつも、最後尾に陣取り、カメラを構える。電車の窓からスカイツリーの全体が見えるところは僅か。写真に撮れるのは、浅草駅のホームに入る直前のカーブである。

Dscn1563_sky_tree_from_asakusa
浅草駅を出ても、新仲見世を歩かずに、すぐに細い路地に入る。太陽はすっかり沈んでしまったようで、どんどん暗くなっていく。写真が撮れなくならないうちに、6,818円のデジカメのテストである。(笑)

Dscn1581_shin_nakamise_asakusa
午後5時前に国際通りまでたどり着いた。まだ少し時間が早くて、スカイツリーのライトアップはされていないが、新仲見世方向にカメラを向けてみた。

今回も、ストレートに東京スカイツリーを眺めることもなく、スカイツリーの周囲を歩いてきた。皆が見ない視点、皆が撮らない写真が私の目標なのだろうか。6,818円でも、かなり美しい写真が撮れたと思う。さすがニコンである。

35mmのフィルムカメラは、あっけなく36枚を撮り終わった。あとは現像に出して、上がりを待つだけである。果たして、こちらは美しく撮れたであろうか。

|

« 北風の中、おしどり食堂へ | トップページ | 記録的大雪の高崎線から奇跡の生還!? »

なりおし 業平・押上」カテゴリの記事

東京スカイツリー」カテゴリの記事

西浅草」カテゴリの記事

コメント

写真や記事、色々と参考になりました☆ありがとうございます☆
来年もよろしくお願いいたします☆

投稿: UNI | 2013年12月31日 (火) 10時00分

あ、来年も宜しくお願い致します。

投稿: あつし | 2013年12月31日 (火) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/54338176

この記事へのトラックバック一覧です: 6,818円のデジカメで東京スカイツリーを撮る!!:

« 北風の中、おしどり食堂へ | トップページ | 記録的大雪の高崎線から奇跡の生還!? »