« いつまでも、あると思うな…。 | トップページ | 今週の東京スカイツリー »

2013年8月18日 (日)

よみがえれボールドウィン 2013年夏

20130707_img_0039_wood_frame
今年はなかなか日程が合わず、7月からの活動参加となった。

20130707_img_0051_wood_floor
今年は木曽からやって来たB型客車の組み立てである。
7月7日は、台枠、柱が組み付き、床を貼る工程だった。

20130707_img_0233_making_floor
地元沼田市の大工さんが中心となって作業は進む。殆ど全てが木造の車体では、我々素人では歯がたたない。

20130707_img_0347_baldwin_locomotiv
群馬の山奥の根利であるが、毎回天気が良く、年々日中は暑くなっているようである。
それでも、一休みすれば周囲の山々の緑が目に入り、不思議なほどに色々な面で癒される。

20130707_img_0461_new_floor
好天の中、床の施工が終わる。美しいフローリングに「ここで宴会でもやろうか」という言葉も出る。

20130707_img_0802_roof_of_wagon
こちらは最後に残された構造物の屋根。次回は、これを載せる。
そんな、作業が一段落した時である。根利も一時の豪雨となった。熱した道路に湯気が上がり、激しくなると山々は雨に煙った。

20130818_img_0132_roof_on_the_wagon
8月18日は、昨年来訪した福生の学生が「.羽村山口軽便鉄道の調査報告書が出来ましたので」と連絡があり、駅まで迎えに行き一緒に根利へ。

20130818_img_0208_b_type_and_baldwi
到着すると、屋根が載ったところだった。全員で持ち上げてみたら、もう下ろすことが出来ずに、そのまま載せてしまったとの事。屋根が載ったら、随分と客車らしくなった。

20130818_img_0260_connect_roof
載っかった屋根の四隅を止めて固定して行く。元々、片側の妻面は火災で黒焦げになり補強されており、両端で異なる組み付けになっていたため、そこのところで議論は起こったが、結局、「製造時のオリジナルを生かす」という基本方針で、無事四隅と取っ手の組み付けまでが完了。

20130818_img_0359_members_photo
屋根が上がった所で、「棟上式」と大工さんたちを中心に記念撮影。
一時期はバラバラになってしまったB型客車に「大丈夫なんだろうか」と心配していた会員たちも、満面の笑みとなった。

20130818_img_0384_report_of_railroa
午後は、若い軽便マニアからの調査報告。それもUSBメモリーで持ってきたビデオというのが今風で、当時の機関車などをCGで表現するなど、楽しい報告であった。

その後は、会としてのミーティング。今年は10月に「根利 森林鉄道まつり」を開催する予定に。久しぶりにホイットカムが走る事となるでしょう。そして、組み立て途中のB型客車を前にして、関わった大工さんや、森林鉄道の専門家でトークショー的なものも企画中。

20130818_img_0483_blue_b_type_car
改めて組み立てなおした車体をブルーシートで覆って今回の作業は終了。
こうしてみると、以前よりも直角が出てしっかりしたように見える。

あとは線路を敷いて、完成したB型客車が走れるようにせねば。あ~楽しみ。

|

« いつまでも、あると思うな…。 | トップページ | 今週の東京スカイツリー »

よみがえれボールドウィン実行委員会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/52933354

この記事へのトラックバック一覧です: よみがえれボールドウィン 2013年夏:

« いつまでも、あると思うな…。 | トップページ | 今週の東京スカイツリー »