« 結局は佐原。いいところです。 | トップページ | 下町風情、昭和風情。浅草、上野、上尾!? »

2013年2月 3日 (日)

久しぶりに町内の餅つき

Img_0036_omotecho_movhituki

昨年、一昨年と風邪で寝込んで参加できなかった町内の餅つき。今年は久しぶりの参加となった。

Img_0050_omotecho_1chome

朝、9時前ぐらいから町内の人が集まりだす。空は青空で、昨日も温かかったが、今日もそう寒くはなさそうである。

Img_0078_fukidasu_yuge

火をつけて、15分、20分で、蒸かしから蒸気が噴出す。

Img_0108taketakana

いよいよ餅つきの始まりである。今年も15臼ほどつかなければならない。

Img_0158_usu_to_kine

メインは私を含めて三人ほど。臼は二つあるから、蒸し上がった米を入れると、三人で順番にこねていく。

Img_0162_kemchin_jiru

10時を過ぎた頃、けんちん汁が振舞われる。既に日本酒は一合ほど入り、五、六臼はついただろうか。

Img_0191_kodomo_mochituki

その頃になると、町内の子供たち、老人が集まってきて、子供たちにも少し餅つきをさせてあげる。

Img_0218_entakenawa

のどかな好天となった公民館で、みんなに餅を振舞う。

Img_0249_okowa_shichimi

つき手が疲れてくる頃、ひと臼分に七味と醤油を掛けて、そのまま食べる。これが美味いのである。酒のあてにもなる。毎年のことではあるが、初めての人もいるようで、「お代わり」、「なんだいもう終わりかい」と言う声も出る。

Img_0464_mochi_koneru

半日、餅をつき続けるのだから、適当に交替して休み休みである。そうしないと、最後まで持たない。

Img_0483_omochi_ootecho

昼頃になると、招かれた老人、子供はいなくなり、片付けも始まるが、餅つきはまだ終わらない。

Img_0491_mochi_tukiagari

もう、最後になれば、つき手だって飽きてくる。そなん中、気力を振り絞ってつく。

Img_0521_usu_katazuke

ああ、気持ちの良い日曜であった。餅つきが終わり、午後一時頃になると、少し冷たい風が出てきたが、震えるような寒さは感じなかった。意外と温かかったのかとも思うが、体の中が温かくなっていたのもあるであろう。

餅つきの合間に、日本酒を二合ほど飲み、けんちん汁と、七味を掛けたオコワを一握りほど食べただけであるが、片付けが終わり、公民館に入ると、ビールを二杯飲むのが精一杯だった。

まあ、明日の仕事のこともあることだし、全てを全力でやってしまったら持たない。中学、高校の頃、「あっちゃんダメダな~」と小言を聞きながら、一年に一度の餅つきをしたが、経験というものは素晴らしいものだと思う。

ちょっと力がついた中学生、高校生に、つかせてあげられれば、もう少し餅つきの後継者も生まれるかもしれないなどと思うのであった。

|

« 結局は佐原。いいところです。 | トップページ | 下町風情、昭和風情。浅草、上野、上尾!? »

前橋まつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/49159000

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに町内の餅つき:

« 結局は佐原。いいところです。 | トップページ | 下町風情、昭和風情。浅草、上野、上尾!? »