« ちんどん屋で満席のパーラー・モモヤ | トップページ | 緑野馬車鉄道の面影を追って »

2012年11月23日 (金)

2008.5.3の草津湯

2008p5030319_

群馬県民会館の北側の道で赤城県道を越えると左手に銭湯の煙突が見えた。

2008p5030322_

来々軒支店の北、20歳代の頃に良く行ったユーカラの少し南。

2008p5030323_

煙突を追ってクリーニング屋の脇を入ると、「3時からだよ」とおじいさんが声を掛けてきた。

2008p5030325_

以前もブログに書いたが、おじいさんが亡くなったと聞き、建物も解体されたため、ここに紹介することとした。

確か、女湯の脱衣場である。洗濯機の貼り紙に「この洗濯機は、個人の物です。お客様は使用しないでください!!」と書かれているのが、なんか微笑ましい。

2008p5030327_

女湯と壁絵。

2008p5030329_

年季の入った体重計。

2008p5030331_

こちらの男湯には、堂々とした富士山が描かれる。

2008p5030334_

マッサージ器と、パーマ器。

2008p5030335_

木製の下駄箱はかなりの年季が入っている。籠も渋い。

2008p5030336_

番台。一通り見て、なんだか昭和が凝縮されている気がした。

2008p5030337_

一通り写真を撮ってくると、おじいさんが昔の話を始めてくれた。

2008p5030350_

日々の張り合いのためにも、働けるうちは身体を動かして働きたいと言っていた。

確か大正12年、関東大震災の年の生まれだったから、90歳を目前にして亡くなられたことになる。それでも、2008年の5月には元気に働いていたのだから、最後まで全うして亡くなられたのだと思う。

銭湯が出来たのは大正時代とのこと。おじいさんが子供の頃に一度建て替えられた建物とのことだった。「もう前橋で8件になっちゃったよ」とも言っていたが、消え行く銭湯と共におじいさんも消えていった。

|

« ちんどん屋で満席のパーラー・モモヤ | トップページ | 緑野馬車鉄道の面影を追って »

前橋」カテゴリの記事

コメント

偶然、知人がノブサンのブログを教えてくれて拝見させていただきました
懐かしくて泣きそうになってしまいました
2010年に亡くなり本当にほぼ死ぬまで働いていました
煙突が危ないので解体してしまいましたが、見ていて下さった方がいてうれしかったです

投稿: タムラ | 2012年12月 4日 (火) 17時14分

タムラさんとは。最近、一緒に飲んだりするタムラさんとは違いますかね。
まあ、前橋も、日々消えていっていますので、前橋生まれの私としても、出来るだけ写真に留めておきたいと思っております。
嬉しく思っていただき、ありがとうございます。
そんな、皆さんのコメントを励みに、今後も、具体的な目的もありませんが、つれづれなるままに写真を撮ってブラブラしたいと思います。

書き込み、本当にありがとうございました。

投稿: あつし | 2012年12月 5日 (水) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/47945565

この記事へのトラックバック一覧です: 2008.5.3の草津湯:

» リフレッシュ [遊びと仕事とアレコレと]
先週後半は天気がかんばしく無かった割には、時間も取れずで釣りにも遊びにも行けず鐔ワ愁鐔ゥ▲辰辰噺世Υ屬忘7遒皺悉椶砲覆辰討靴泙辰心兇犬如∈G唎盪弔垢箸海躇譽檥郤絅椒船椒舛版﨏歠崟Ľ貌類蕕覆韻譴个隼廚い弔頂0譴朕箸ⓕ類蕕覆い辰道槪如△箸譴箸譴療鬚妊螢侫譽奪轡紊箸譴箸譴療鬚辰童世Δ里蕨族了海聾悗覯浩徯呂琉譴椎鯢猷浩瑤僕④訐焼䡄楮蚤腓力Ů敬焠い❺⑤礇奪船灰圈爾離后璽僉質ⓔ鯲戮�(もと�... [続きを読む]

受信: 2012年12月 6日 (木) 21時11分

« ちんどん屋で満席のパーラー・モモヤ | トップページ | 緑野馬車鉄道の面影を追って »