« 10月1日 ピンク・スカイツリー | トップページ | 小伝馬町、べったら市 2012 »

2012年10月14日 (日)

2012年 第6回 よみがえれボールドウィン実行委員会

Img_0034_akagi_otorii

前橋祭りの翌週、10/14は根利での最後の作業。街中はとても空いていたが、赤城県道に入ると混雑して来てしまった。

Img_0057_mt_akagi

まだ紅葉は早いだろうと思うのだが、案の定、赤城山はいつもよりも混んでいた。

Img_0100_tochinomi

クルマのヒーターを入れるほどの赤城山を越え、根利へ。根利も、秋というよりも茶色い枯れ葉が落ちていた。その中に沢山落ちていたのは、「とちの実」のようだ。

Img_0105_baldwin_loco

本日の活動は冬ごもりの準備。来春まで会わないため、ボールドウィンの動輪周りなど、磨きだしてある箇所に油を塗る。

Img_0111_kyousan_whitcomb

各機関車の埃も払って、今年も一緒に遊んでくれたことに感謝する。

Img_0120_baldwin_tier

油で輝くボールドウィンの動輪。毎月、誰かが磨いているから、妙な風格というか、リアリティが出てきた感じがする。

Img_0125_obento

親子で仲良くお弁当。初めて会った時は小学生だったと思うが、7年間の活動を経て、大きくなってしまった。

Img_0154_blue_sheet

一番の大仕事は、木曾のB型客車のカバー。冬の風雪に耐えられるように。

Img_0167_rail_and_b_type_wagon

車両が大きいから、ほぼ全員が集合し、向こうと、こっちで。

Img_0191_hakumokuren

「何だ~、これ」と声を上げた、グロテスクな不思議な木の実。「モクレンとか、白なんとかとか言ってたな」と地元会員。「じゃ、ハクモクレンだ」と私。

しかし、もっと不思議だったのは、ツボミも一緒にあるということ。このツボミが、来春に鼻を咲かせるのだろうか。

Img_0192_neri_whitcomb

ホイットカムは、凍結を考えて、ラジエータの水を抜いた。

午後2時半頃、いつもよりも早いが最後の作業日ということで、冬ごもりの準備が終わり解散となった。

ただ、会としての活動は、今月末の軌道調査が残っている。こちらは、こちらで、ちょっと楽しい企画が待っている。

Img_0290_akagi_onuma

ちょっと早いが、紅葉狩り客が多いと思われる赤城山。訳があって、帰りも登った。

昭和32年に出来たという「湖畔荘」。今でも、当時の建物のまま。そこの、お母さんと、私と一つ違いのご長男と、懐かしいお話を楽しませてもらった。

少し肌寒くなってきたが、少し温かい気持ちで前橋へと下ったのだった。

|

« 10月1日 ピンク・スカイツリー | トップページ | 小伝馬町、べったら市 2012 »

よみがえれボールドウィン実行委員会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/47452385

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年 第6回 よみがえれボールドウィン実行委員会:

« 10月1日 ピンク・スカイツリー | トップページ | 小伝馬町、べったら市 2012 »