« 仕事帰りに、たそがれて。 | トップページ | 2012年活動日程 よみがえれボールドウィン実行委員会 »

2012年8月 8日 (水)

2012年、今年も岡山まで

Img_0093_maebashi

夜9時出発の予定だったが、10時を過ぎて自宅を出た。

Img_0119_kakamigahara

出発を遅らせたのは、暑さとクーラーで寝冷えをして、どうも調子がイマイチだったからだ。

Img_0138_sekigahara

今回も次男坊のVWで、主に次男の運転。深夜の木曽路も、えりこさんの運転。

Img_0170_like_a_hot_wheels

大津で見たホット・ウィールズのようなクルマ。なかなか楽しい。

Img_0190_kyoto

そんな私にみんなが気遣い、京都もえりこさんが運転。

そして、国道9号の渋滞で、ワーゲンが止まった…。

Img_0198_oyako_de_nakayoku

ただの仲の良い親子ではない。自宅から約500km離れたところで立ち往生したクルマを直して、更に200km離れた岡山まで走ろうとしている親子である。

渋滞の中で、止まったビートルを次男坊と押してリサイクルショップの駐車場へ。ショップの人も手伝って押してくれた。

Img_0202_vw_carburetor

燃料フィルターが満タンなのか、空なのか、セルを回しても動きが見えない。

「どうも、燃料がいっていないらしい」と群馬のショップに電話をかける。

「まず、燃料ポンプまで来てますかね」と、ホースを外すと、ガソリンはきている。ポンプの先を外して、セルを回せば、燃料が飛び出す。キャブの上蓋を外してみると、そこには一滴のガソリンも来ていなかった。

Img_0224_carburetor_maintenance

キャブの入口のエルボと、バルブを口で吹いたりしてキレイにして、キャブにガソリンを満たして、組み立て。手が真っ黒になって、トイレを借りて手を洗ったりして、約1時間。

Img_0261_cafe_and_lunch_r372

その後は、今まで以上ではないかと感じさせるほど好調に、国道372号へ。

そして、「ROUTE JP 372」というアメリカンなレストランへ。昨年5月にオープンしたとかで、我が家も昨年の夏に通りがかり、記念写真だけ撮っていた店だ。

Img_0277_r372

ちょっと高そうではあったが、入ってみれば、ドリンク付き850円のランチもあってリーズナブル。また、とても感じの良い奥さんで、楽しく昼食とさせていただく。

Img_0286_uzurano_hikojyo

今回は、出発が遅れて、京都でVWがストップして、寄り道は難しくなったが、飛行場には寄ってみた。

Img_0294_i_can_fly

法華口の駅の近くの三宅酒造をGoogleで探していた時に、発見した広大で長大な空き地である。「何だ」と思い、調べたら旧日本軍の飛行場だった。

広大で、辺りは真夏で草が生し、全貌は分からないが、滑走路だけはたどり着けた。関東の飛行場は、殆ど終戦と同時に田畑へと姿を変えてしまったが、ここ鶉野(うずらの)飛行場は完璧に残されている。

Img_0310_miyake_syuzo

その発見を手伝った三宅酒造へと寄ってみると閉まっていた。もうやめてしまったのではなかろうか。

Img_0340_torii_hinomi

姫路を抜けて国道2号に出れば、あとは一本道で岡山を目指すのみ。私は助手席でうとうとさせてもらった。

Img_0344_akou_line_115train

眼が覚めると、兵庫から岡山へ入ったところ、三石を過ぎた辺りだった。朦朧としている所に、電車が併走する。赤穂線の115系であろう。

Img_0372_tram_from_vw

国道250号を経由して、岡山へと入る。ちょっと変わったルートを通るのは、今年も花火大会の日であるからだ。今まで、ルートに失敗して、交通規制と渋滞に翻弄されたこともあったからである。

Img_0394_okayama_denki_2

全く混雑なくホテルへ着くと、すぐに街へと夕食に出た。

Img_0401_okayama_3trams

ホテルの裏手に店がないかと歩くが、あってもシャレた店ばかりで、どうも私にはそぐわない。

Img_0410_okayama_tram

駅前通の向こう側に一軒の古い店があったのを思い出して行ってみたものの、こちらも新しい若者向けの店ばかりで、あの時の店は見つからない。

Img_0423_tram_stop

結局、今年も昨年と同じ「白壁へ行くか」となった。

Img_0444_shirakabe

花火大会への人々で混雑している岡山の駅前であったが、白壁だけは、静かな感じだった。

Img_0452_kisu_shioyaki

店に入れば、一人お客さんがいるだけ。「こんばんは、一年ぶりです」とさっさと座敷に上がらせていただく。

「何か美味しい物はないの? 魚がいいな」

「じゃ、キスがいい。今日美味しそうだったから仕入れてきた」

Img_0453_shirakabe_tennai

花火が終わる頃、会計をしてもらう。

「これから、花火が終わって忙しくなるね。」

「そんなことないよ、もう今日は終わりだよ。仕事帰りのサラリーマンもいないし、花火の帰りに呑んで行く人もいない」

最後に、ちょっと様しい会話になってしまったが、どこでも事情は同じ。昔ながらの店は、ただ消え行くのみである。それでも、毎年会う顔と会って話をして、私は満足し、来年もここに寄ることを決めたのであった。

Img_0466_hanabikyaku_bensya

店を出ると、駅へ向かう通りと、駅へ向かう電車は、人で一杯になっていた。人の流れは、どこも駅へ向かっていた。

例年だと、寄り道を楽しむ旅ではあるが、今年はワーゲンと親子で戯れる旅、そして食事をしながら人とふれあう旅ということだろうか。

「寝冷えをした」などと言っていた私だが、京都のワーゲン修理で、すっかりそんなことも気にならなくなり、結果としては、得る物が多い旅になったのである。

|

« 仕事帰りに、たそがれて。 | トップページ | 2012年活動日程 よみがえれボールドウィン実行委員会 »

ワーゲン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/46616822

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年、今年も岡山まで:

« 仕事帰りに、たそがれて。 | トップページ | 2012年活動日程 よみがえれボールドウィン実行委員会 »