« 会津に行ったら、酒造があった!? | トップページ | 上野物語7 »

2012年6月18日 (月)

神明神社から、ラーメンの大新へ。

Img_4812_maebashi_r17

「日中は30度まで上がる」とかTVが云う中、歩いて昼食に出た。

Img_4819_syokudo_ebis

初めは「あるくに行ってみよう」と話していたが、ゑびすの角まで行くと、「あるく」の看板が出ていないのが目に入る。

Img_4827_babakkawa

「でも、歩くのにちょうど良い」と、当てもなく歩く。

Img_4831_chiyodamachi_yukiya

天気が良くて、結城屋さんでは、座布団がずらりと干されていた。

Img_4833_showa_house

私の子供の頃を思い出させるような家。昭和の家である。

Img_4843_kura_from_parking

当てもないまま、ぶらぶらと歩いて北へ向かう。暑いとはいえ、風があり、意外と歩ける。場所によっては、突風と呼びたいところもあったが。

Img_4844_dozou_maebashi

ずっと歩いて、道が行き止まりになる頃「大新へ行こうか」となる。

「あそこだったら、確実だもんね」と。

Img_4858_maebashi_ido

玩具店の角を曲がり、神明宮を目指すと、左手の廃屋の路地に井戸を見つけ、ちょっと嬉しくなる。

Img_4861_maebashi_from_shinmeig

日差しがあるので、それを避けるように、神明宮の木陰へと入って行く。歩いていると、大きなカエルが、ドボンと音を立てて池に飛び込んだ。子供の頃を思い出す。

Img_4873_shinmeigu

子供の頃、ここは楽しい遊び場だった。ただ、暗くなってくると、とても怖い場所ではあったが。

Img_4875_maebashi_shinmeigu

神社の中を斜めに歩いて、広瀬川を柳橋で渡る。川が涼やかということもなく、ただ大量の水が流れている。

Img_4883_maebashi_daishin

そしてラーメン屋の大新へとたどり着く。前回は三人の年配の飲兵衛がいたが、今日は誰もいない。おやじさんと、おばちゃんが、テーブルに座り、扇風機で涼んでいた。

Img_4889_daishin_lunch

まあ、真夏ほどは暑くないが、湿度があるのか、絶妙に暑く感じる。そこで、「まず、ビール」。

「冷やし中華はあるの?」と聞いてから、冷やし中華と、野菜炒めと、餃子を頼む。

野菜炒めが美味しかった。それとご飯だけで十分なほど、美味しかった。

餃子も美味しかった。美味しくて、ビールは一本では足りないほど。

Img_4899_ponchi

途中で、「今日はタイヤ交換をしてきたよ」と一人のお客さん。なんでも、近所に住む画家らしい。妙に気が合って、一緒に一時間ほど話して飲んでしまった。

初対面なのに、お互いに、遠慮することなく、自分の考えを話していたように思う。画家という人の話している時の顔、目は本気だった。

大新という店の風情も手伝っただろう。とても楽しいひと時。ずっと続いても良いくらいの心地良さだった。

帰るときに、生まれて初めて自分から手を出して握手を求めた。

そのときに、「あれ、この人とは、以前どこかで会ったことがある」と感じたのである。

それは、本当のことなのか、それともあまりにも話が会うので、そう感じたのか。

心地良い、日曜日のひと時だった。

|

« 会津に行ったら、酒造があった!? | トップページ | 上野物語7 »

前橋」カテゴリの記事

大衆食堂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/45694757

この記事へのトラックバック一覧です: 神明神社から、ラーメンの大新へ。:

« 会津に行ったら、酒造があった!? | トップページ | 上野物語7 »