« 2012年 第1回 よみがえれボールドウィン実行委員会 | トップページ | 中山道坂本宿の外れの方 »

2012年5月19日 (土)

今年は雨の田浦

Img_2959_taura

今年もGWの5/3に、横須賀の田浦へ行って来た。なぜ今さらかといえば、1980年代のトンプソン・ツインズや、プリテンターズを聴いていたら今年の田浦の光景が頭に浮かんだからだ。

Img_2980_taura_tachiiri_kinshi

今年は、私たち夫婦と、同年代のローカルな鉄道仲間2人の4名。

Img_3020_taura_under_rain

京急田浦駅に集合した頃は、豪雨だった。雨は昼過ぎには上がると私は予想していたが、駅を出たときは、「果たしてこの状況で、歩けるのか」と思うぐらい凄かった。

Img_3122_taura_hamon

アーケードの商店街を抜け、東芝の工場をぐるりとまわり、ガントリークレーンの所へと行く。雨が降る中ではあるが、歩き出せば、どうにかなった。それどころか、私以外の3人はここが初めてであり、その光景に驚き、なかなか先に進めない。

Img_3191_taura_gyouza

12時過ぎまでのんびりと景色を眺め、写真を撮って、昼食に旧田浦銀座の「いがり食堂」を目指す。お好み焼き屋の「かえる」の前で信号待ちをしていると、おばさんが鍵をかけて出かけてしまった。「果たしていがり食堂はやっているのか。」「閉まっていたら、どこで昼食が食べられるのか。」

Img_3241_taura_nokogiri_yane

案の定、いがり食堂は閉まっていた。斜向かいの魚屋のオヤジさんに話しかける。おばあさんの体の具合で、開けたり、閉めたりとのこと。そこで別の食堂を聞き歩き出す。

Img_3247_taura_rain

行く途中の、田浦銀座の一本隣の通りで「ラーメン」の暖簾を見つけて行ってみる。暖簾は出ているが、薄暗い。戸もどちらから開いて良いのか分からない。ただ電気は点いていたので、あけてみると、オヤジさんが立っていた。外でもたもたしていたので、入口までやってきたようだった。

Img_3298_taura_rail_and_rain

もう50年ぐらいやっているらしい。田浦銀座が、銀座だった時代にできたようだ。餃子をつまみにビール。私以外の3人はラーメン。2人はサンマーメンを頼む。

Img_3305_taura_souko

雨は小雨にはなっていたが、このラーメン屋で一息。そして、JRの田浦駅側へと行く。

Img_3358_taura_soko_b

ラーメン屋のオヤジさんが言っていたが、田浦の海側はみんな撤退するらしい。私が「相模倉庫」というと、「そうそう、撤退するらしいよ」と話してくれた。

Img_3448_ukada

横須賀寄りは、米軍基地。JR田浦周辺に残る軍用線の跡は、米軍の管理である。相模運輸倉庫を挟んで、その先は自衛隊。

Img_3461_taura_soko_light_blue_2

日本海軍の線路や、倉庫、遺構が今も沢山残る田浦も、少しずつ変わってきたが、倉庫が撤退したら、大きく変わるのかもしれない。

田浦をずい分と歩き、くたびれたところで、逗子に出て喫茶店でお茶を飲むこととした。そう古くは無いが、1980年代、私たちが20代の頃に流行ったような店だった。同世代の4人の遊びは、そんな20代の頃に戻ったかのようだったのだろう。

だから、1980年代の音楽を聴きだしたときに今年の田浦が頭に浮かんだのだと思う。ある程度の年代になり、子供に手もかからなくなり、再び20代の頃のような自由が戻ってきたのかとも思う。

|

« 2012年 第1回 よみがえれボールドウィン実行委員会 | トップページ | 中山道坂本宿の外れの方 »

トロッコ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

同じところで同じもの撮ってるのに、なんでこんな素敵な写真になるのかな。
ちなみに私の写真の8割は手ぶれしてます。(まず基本の差?)
とても味わい深いところへ連れて行ってもらい、ありがとうございました。
久々にネオパンで撮りたくなる遺跡でしたね。

投稿: ゼロ鉄 | 2012年5月20日 (日) 09時28分

ども。三人三様、人それぞれ視点が違いますからね。
他人の写真は、みんな良く見えるもの。
私も、ゼロ鉄さんや、GPさんの写真にいつも刺激をもらっております。
とても楽しい一日でしたね。気兼ねなく楽しませていただきましたよ。

私は、ネオパン400を持っていきましたが、あの雨では、バックから出すこともなく。
でも、またフィルムカメラを持って出かけたいです。
デハ。

投稿: あつし | 2012年5月20日 (日) 10時22分

こんにちは!とても素敵な写真ですね、どこもさびれ具合が味があって!
今度、横須賀田浦あたりに行く予定があるのですが、
軍用線沿いいいですね。
ところで、UKADAという文字が入っている写真はどの辺なんでしょう?
ちょっと気になりました。

投稿: | 2018年5月24日 (木) 12時03分

2012年の写真ですからね。毎年行っていますが、UKADAという船はこの時に見ただけです。
田浦と私たちは呼んでいますが「長浦港」というのでしょうかね。
JR田浦駅から引込線が分岐しており、トンネル内でカーブをして田浦港町側の港沿い線路が展開されています。近年まで米軍の燃料を運ぶ貨物が入っていましたが、現在は全く使われておらず、年々線路は勿論、建物も少なくなっています。
京急田浦駅のある船越町側にも線路が残されています。対岸の自衛隊側へと線路は続いていたようですが、そちら側にはほとんど残っていない模様です。
JR田浦、京急田浦の両駅近くにそれぞれ線路が展開されていますが、それが繋がっていたことはなかった模様です。
線路は少しずつ撤去され、建物も少しずつ解体されてはいますが、まだまだ軍用線の面影は残されています。是非線路を辿って、往時の光景を発見してきてください。

投稿: あつし | 2018年5月24日 (木) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/45327659

この記事へのトラックバック一覧です: 今年は雨の田浦:

« 2012年 第1回 よみがえれボールドウィン実行委員会 | トップページ | 中山道坂本宿の外れの方 »