« 2011年の鉄道遊びを振り返る。 | トップページ | 2012年も、昭和を求めて下館に寄る。 »

2012年1月 2日 (月)

2012年も1月2日は真壁町。しかし…

Img_0544_muraijyozo_vws

今年もワーゲン仲間で集まったものの、ワーゲンはたったの2台。そして、村井醸造にやって来ると、そこいら中がブルーシートだった。

Img_0553_muraijyozo_vws

そんな光景を見て、やっと、ここも震災の被害を受けたことを実感する。

Img_0562_murai_syuzen_kaearaya

ご主人は、真っ先に奥へ案内した。店を抜けると、時代劇を思わせる光景が広がっていたのだが、今回は、とても醜い光景となっていた。

Img_0565_kaketa_entotsu

コンクリート製の煙突も、縁の部分がひび割れ、一部がかけ落ちていた。

Img_0580_murai_syuzencyu

明治、大正、昭和と歴史を刻む酒蔵だが、もっとも古いと思われる大きな、そして、少し傾いた蔵。今は修復中の足場が痛々しいが、その前にいるときに地震が起きたのだそうだ。

Img_0617_murai_kawarayane

なんでも、建物の方向で、瓦などの被害が異なったらしい。ある方向は、瓦が崩れ落ちたが、ある方向は、瓦は動いたものの、崩れ落ちはしなかったらしい。

Img_0636_muraijyozo_kasanarutan

妻面が、こちらに少し傾いた蔵。その前であの大地震。蔵自体は大したことはなかったらしい。不幸中の幸いというのだろう。ご主人は無傷だった。

Img_0732_muraijyozo_urate

被害はあったものの、倒壊にいたることはなく、今年も新酒を購入することが出来た。古い蔵で、一番に崩れ落ちそうに見えるが、それが意外なほどに持ちこたえた。

Img_0756_from_muraijyozo

建築基準がなかった時代の建造物は、とても丈夫に作られているということだろう。基準があることで、今は基準ぎりぎりにしてコストと納期を抑えているのではないか。

Img_0779_makabe_seinikuten

基準がなかった時代は、お金を掛けるのだから「一生物」という考えであったのではないかと思う。それは、一般庶民の住宅には当てはまらないだろうが。

Img_0799_tanmen_tanakashoten

今年の真壁町の散策は、例年とはちょっと違うものとなった。ただ、今年も田中商店で昼食をとるのは、いつもと変わらなかった。

Img_0805_yubinkyoku

田中商店のところへ行って気が付いたのは、あの立派な看板の時計店がないということ。郵便局は健在だが、隣の瓦屋根は無残なほどに崩れ、向かいにあった時計点は、更地になってしまっていた。

Img_0896_oinarisan

鳥居がたくさん並ぶお稲荷さんは、灯篭が崩れたままとなっていた。余震で、再び崩れ落ちる危険があるからであろう。

Img_0954_makabemachi_toshiba

平四郎最中を買いに行く途中で、カラフルな建物が目に入ったが、屋根のシートが飛ばないように抑えている土嚢の袋だった。

Img_1078_komegura

立派な石で出来た米蔵であるが、後から付け足したのであろう、差し掛けの屋根の殆どがなくなっていた。

「この蔵が好きだったんですけどね」

毎年参加している会員がポツリと言った。

Img_1084_muraijyouzou_vws

彼はまた、「あの時計店の様に、僕らが知らない所で、古い建物が解体されているのでしょうね」とも言っていた。

文化財に指定されているところは、修復、復元をする必要があるが、もう商いもやめてしまった昭和初期の店舗などは、修復の費用を考えると、解体する他はないのかも知れない。

しかし、昭和前半の建物であっても、今や古い貴重な建物になりつつある。今回は、色々な面で素晴らしい一日となったのであった。

|

« 2011年の鉄道遊びを振り返る。 | トップページ | 2012年も、昭和を求めて下館に寄る。 »

ワーゲン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

酒蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/43600914

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年も1月2日は真壁町。しかし…:

« 2011年の鉄道遊びを振り返る。 | トップページ | 2012年も、昭和を求めて下館に寄る。 »