« 伊勢、権田、三ヶ尻と | トップページ | Yellow Canadian Maple Leaf. »

2011年12月11日 (日)

Yellow leaf of ginkgo. え!? 前橋の木なの!!

Pc110027_omotecho_gingko

土曜に続き、今日も好天。しかし、皆既月食を3時頃まで眺めていて、朝10時まで寝てしまう。

Pc110041_r17_gingko

更に、出かけようとしたところで、「新婚さんいらっしゃい」に、鈴木Q太郎夫妻が出演し、家を出るのが遅くなってしまった。

Pc110275_hirosegawa_gingko

夫婦で前橋中央通り商店街で、そばを食べて昼食に。えりこさんは、「友達と会う」というので、ここで分かれる。

Pc110311_atago_jyinjya

「では、弁天通の京華にでも行って一杯の飲むか」とか言いつつ分かれ、何となく私はアーケードを北の方に歩いて行く。

Pc110317_yellow_leaf_of_ginkgo

午後2時を回り、太陽はずい分と傾いてきているが、冬の前橋は、なかなか美しかった。

Pc110354_gig_ginkgo_tree

立川町通りをちょっと歩いてから、また戻り、弁天通を抜ける。アーケード出口からは、懐かしい感じの商店街の街燈が続き、その正面には赤城の西の裾野が。

Pc110578_yamani_jyozo

その向こうの下の方には、灰色の重たい感じの冬の雲。新潟、日本海側は、雪が降っているのだろうか。

Pc110612_r18_torihei

愛宕神社の前を抜け、赤城県道の一本手前の細い道で北上する。最近気が付いたが、ここは狭いが古い道のようだ。県民会館の通りまで出て終わりだが、昔の前橋を垣間見た気がした。

Pc110622_yamani_entotsu

次の信号で、ちょっと南下し、煉瓦倉庫を眺め、古い事務所と、日英堂に挟まれた路地、昔の岩神の駅へ行く道を抜け、国道17号の田中屋旅館の脇に出る。道路の向かいはヤマニ醸造である。

Pc110700_r17_autumnal_leaves

道路の拡幅で、2度ほど、店は削られたらしいが、ヤマニ醸造は、いまも昔の風情を残している。古い煉瓦煙突は、危険ということで一部壊したが、下半分程が残され、夕日を浴びて美しいシルエットを作っていた。

Pc110741_ginkgo_yellow_leaf

広瀬川のところまで戻ってくると、気温は下がり、写真を撮るのが難しいほど、日も傾いていた。気が付くと、昼食後に分かれてから、2時間近く歩いていた。

弁天通りの京華に顔を出すと、近所の遠藤さんがストーブの脇の席で飲んでいた。「寒いからお酒をお燗して」というと、「今日は、お酒がないのよ。遠藤さんなんか、自分で買ってきてもらったの」とのこと。

というわけで、ビールと餃子で休憩。久しぶりに、遠藤さんと、店のおばちゃんと三人での会話を楽しんだ。

こんなことをして、こんなことを書いているということは、最近は少し仕事も落ち着いてきたのかなと感じたのであった。

|

« 伊勢、権田、三ヶ尻と | トップページ | Yellow Canadian Maple Leaf. »

前橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/43344732

この記事へのトラックバック一覧です: Yellow leaf of ginkgo. え!? 前橋の木なの!!:

« 伊勢、権田、三ヶ尻と | トップページ | Yellow Canadian Maple Leaf. »