« 京都「百万遍」と滋賀「途中」 | トップページ | 2011年、今年も田浦へ »

2011年4月30日 (土)

東京スカイツリー 浅草、業平、押上、向島

P4290624_nishiasakusa_kaede 昨年も確か4月29日だったと思うが、今年もスカイツリーを見上げに行ってきた。

P4290646_reflection_sky_tree 西浅草のマンションを出て歩き出す。天気は雲が多く、どんよりしているが、時折、雲間から太陽が顔を出す。

P4290697_bus_stop_kaminarimon 写真を撮りづらいが、寒くは無いから、まあいいか。

P4290715_asakusa_sky_tree ゴールデンウィークのお陰だろう。浅草雷門辺りは、沢山の観光客であふれていた。

P4290781_form_train_window 今回は曳舟まで歩き、そこから東武鉄道で帰る予定。帰り道では途中下車も楽しむつもりで、浅草から業平橋までは東武鉄道を利用した。

P4290844_sky_tree_work_zone 業平橋駅の改札辺りから、スカイツリー直下の混雑が予想された。

P4290849_sky_tree_in_window しかし、近くて見たい気持ちは分かるが、こんな近くから写真が撮れるのかと、ちょっと心配になる。

P4290021_murakashi_sekkai ムラカシ石灰のところで写真を撮ると、その先は誰も歩いていない一本裏の道を行く。

P4290094_look_up_sky_tree 不思議なのだが、狭い路地から真上を見れば、東京スカイツリーが覗いている。

P4290136_narihira_hiraya 温かくなり、東京も緑が美しく、そんな所が目が留まる。

P4290190_tokyo_sky_tree 京成橋のところまで来ると、首が痛くなっていた。何気に、寝違えたかと思っていたが、きっとずっとスカイツリーを見上げていたからだろう

P4290223_koinobori_sky_tree 押上商店街の裏の道を行くと、細い路地に、下町らしい小さな「こいのぼり」が。

P4290248_oshiage_shoten 押上に入ってくると、眩しい太陽が逆光となってしまった。「でも、それはそれでよいか。」と思ってしまうのが、私の良い所か。

P4290299_cyukaya_sky_tree 東京スカイツリーを振り返り、下町の風景を眺めながら「まあぶる」のところにでる。そして、タバコ屋のおばちゃんと話をして、曳舟を目指す。

P4290343_yaezakura_sky_tree 東武の高架線に沿っていくと、古い町工場が目に付く。なかなか良い所だ。

P4290388_machikoba_sky_tree 狭い道と町工場。その隙間から東京スカイツリーを望む。楽しい散策である。

P4290453_mukojima_sky_tree 大通りを渡り、駅方向へと向かおうと思ったが、向島に入っても、細い路地があり、遠回りになりそうだが、足はそちらに向かっていく。

P4290466_spiral_tokyo_sky_tree 太陽の日差しはあるが、灰色の雲が大きくなってくる。

P4290546_hikifune_sky_tree 駅前に出ると、古い商店が並ぶ。小腹が空いたので、喫茶店を探すと、良い感じの店があった。「ナポリタン・セット」を頼んで休憩である。

窓からは曳舟駅や出入りする電車も良く見える。「電車の見える喫茶店」である。

P4290593_asakusa_sta_sky_tree 下町歩きと、東京スカイツリーの撮影に時間を掛けすぎてしまった。喫茶店を出ると、大粒の雨が落ちてきた。慌てて駅に飛び込み、浅草に戻ることとした。

P4290623_azumabashi_sky_tree 浅草へ戻ると、眩しい日差しが帰ってきていた。

曳舟近くまで行ったことは二、三度あったが、初めてのところも多く歩き、なかなかの収穫だった気がする。来月は押上のお客さんでの仕事がある。朝、少し早めに出て、曳舟から押上に向かいながら写真を撮ろうと思う。順光であろうから。

|

« 京都「百万遍」と滋賀「途中」 | トップページ | 2011年、今年も田浦へ »

なりおし 業平・押上」カテゴリの記事

東京スカイツリー」カテゴリの記事

西浅草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/39805056

この記事へのトラックバック一覧です: 東京スカイツリー 浅草、業平、押上、向島:

« 京都「百万遍」と滋賀「途中」 | トップページ | 2011年、今年も田浦へ »