« 前橋の本物の老舗「兵六だんご」 | トップページ | 高崎線 車窓の春 »

2011年4月11日 (月)

2011年、春の前橋

P4090071_sakura この一週間で温かくなり、随分と桜も咲いたが、土曜日は生憎の雨模様となった。

P4090089_sakura 静かな雨。咲いたばかりの桜の花びらは散ることはないが、花ごと落ちていた。雨のせいか。

P4090137nanohana 八幡様の桜を眺めて帰ろうとしたときに目に入ってきたのは、石垣に咲いた菜の花。草木が生えないはずの石垣に、ポツンと、健気に咲いていた。

P4090240_yanagi 家の近所の交差点で、面白い綿毛を見つける。家で夫婦で調べて見ると、柳であった。

「え~、ヤナギ~!?」である。「枝垂れ柳」が、柳の全てのように思っていたから。

P4100263_rengyou 翌、日曜日は好天。昨日はまだ残っていたハクモクレンは、ほとんど全てが散り、隣の黄色い花も、萎びて来つつあるなかで、いくつかがみずみずしく日を浴びていた。

これは、レンギョウ(連翹)というらしい。

P4100301_nanohana_hachimansama 夫婦で、広瀬川沿いに行き花見であるが、前日に発見した八幡様の菜の花を見せてあげる。

P4100332_tsutsuji まあるく剪定された木に、無数の小さなツボミがある。気持ちいいぐらいだ。ツツジらしい。

P4100338_sazanka_kura 昭和5年のコンクリート製の蔵の裏で大きな花をつけていたのは、サザンカ(山茶花)らしい。赤ん坊の頭ほどありそうな大きな花が、怖いほどである。

P4100362_tanpopo_twin 広瀬川に向かう途中、雑草を探して、狭い路地を行く。コンクリートの小さな割れ目に、二人のタンポポが顔を寄せ合って咲いていた。

P4100364_akakatabami クローバに似た葉は、カタバミ、アカカタバミであろう。草むしりのときに、根が深くて苦労する奴である。そんな奴だが、黄色いカワイイ花を咲かせていた。

P4100446_shidare_yanagi_hana 広瀬川は、黄緑色の枝垂れ柳、そして白い色のコブシ(辛夷)、その向こうに桜がほぼ満開。しかし、柳の黄色みがかった緑が美しい。近付くと、葉ではなく、黄色っぽい何かが沢山生っていた。

「これが、枝垂れ柳の花!?」…どうもそうらしい。

P4100563_sakura_jinjya 弁天通りの京華で、みそラーメンと野菜炒めとビールで昼食。花見であるから、飲まなくてはならない。店を出ると、パットご夫妻が現れた。

「オー、ノブサン」、「あ~、どもども、パット」。るなぱあくで、花見をしてきたらしい。しかし、相変わらず英語しか話さない。

広瀬川まで一緒に戻り、別れる。

P4100616_kinkann そして、ここからは私一人で、ろなぱあく方向へ歩く。途中で生っていた小さな実は何だろう。金柑か?

P4100630_tanpopo 前橋児童遊園地の裏、お寺の裏の道は、昔の風情があり大好きな所。そこで、タンポポを。

P4100666_hananira_suimon 風呂川は、まだ工事中。天気が良く、公園は混んでいるので、そのまま通り抜け、風呂川に沿うように裏道で自宅に戻る。水門のところに咲いているのは、スイセンに似ているが違う。

ハナニラ(花韮)というのだそうだ。

P4100678_mizuna_hana その先へ行くと、風呂川に架かる小さな橋の上に、菜の花に似た黄色いかわいい花。ミズナ(水菜)の花なのだと思う。

桜も随分咲いたから、「花見に行こう」と出かけだが、そこかしこに様々な花が咲いていた。春実感する土日となった。

|

« 前橋の本物の老舗「兵六だんご」 | トップページ | 高崎線 車窓の春 »

前橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/39566274

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年、春の前橋:

« 前橋の本物の老舗「兵六だんご」 | トップページ | 高崎線 車窓の春 »