« 大地震。東京難民。 | トップページ | 地震後、初出勤の日 »

2011年3月13日 (日)

巨大地震の翌日、高崎線で帰る。

P3120019_next_day_of_eartquake 地震の翌日、一階の日陰のマンションの部屋は、とても冷たかった。高崎線は「影響ないから、帰れるだろう」と思っていた。

P3120067_coffee_pater_sky_tree ところが、えりこさんから「高崎線は走っていない」とメールをもらう。仕方無しに、ニコニコ動画でニュースを見ながら、えりこさんの仕事の手伝いをする。

P3120159_sunset_nishiasakusa 昼を食べに表に出ると、外国人観光客が団体で、レストランに入っていく。普段とあまり変わらない浅草だった。

午後4時に上越新幹線は運転をするという。高崎線も走り出しているようだった。

P3120166_close_ueno_station もう、そろそろ混雑も一段落しただろうと、空いていた銀座線で上野へ。すると、"POLICE"と書かれた、人たちに改札がふさがれていた。

P3120170_ueno_entrance_close 時刻表は機能せず、戸惑った人たちが。

P3120173_all_tecket_stop 自動券売機も全て「準備中」。

「ハテ? 今日は切符は要らないのか??」

P3120174_ueno_ticket_not_ready どうも、新幹線が動き出したと聞いた人たちで、大混乱となったようだ。

P3120176_ueno_station どうしようかと思っていたが、警官たちがはけ、改札が開放され、自動券売機も復活。

ただ、高崎線の電車は、どのホームなのか分からない。

P3120180_ueno_refugee_line 「高崎線は5番線」という誰かの声。

「12番線から…」の駅のハンドスピーカでのアナウンスだが、良く聞き取れない。

P3120182_ueno_waiting_train 新幹線改札から、ずっと続く行列は、一番離れた山手線ホームの方まで続く。それをぐるりとよけて、5、6番線の階段のところで、「6番線、高崎線発車します」とアナウンス。

その付近に居た5人ほどが、エスカレータを駆け上がる。私もその中の1人。

P3120184_ueno_station 朝のラッシュにも似た満員の電車に背中からもぐりこむようにして、ドア前に立つと、すぐにドアが閉まった。

写真を見るとディズニーランドの袋を提げた女の子。昨晩はディズニーランドに泊まったのか。

P3120188_earthquake_oku_station 普段のラッシュと違うのは、荷物の大きい人や、普段ラッシュに乗っていない人が多いということ。朝のラッシュほどでもないのに、不満な声を出す人、不快な顔をする人。そして、自分の場所を確保したくて、硬くなって動かない人。

P3120190_sunset_earthquake_day いやはや息が詰まる。

ただ、大宮を過ぎれば、少しゆとりも出来、立っているとはいえ、鞄を足元に置き、くつろげる。

P3120196_train_late_earthquake しばらくしてから気が付いたが、「籠原行き」だった。ならば熊谷で降りた方が良い。

P3120204_kumagaya_platform 新幹線に乗り換えようというのか、随分人が下車し階段を上がっていった。まあ、次の駅が終点なのだから。

数人は、ホームに残る程度。電光掲示は、次は「前橋行き」と表示していた。

P3120222_shinmachi_station 少々待たされても、次が前橋行きなら、気が楽である。ベンチで休んでいると、「前橋行きは、高崎行きに変更になりました」との放送。

間もなく、電車がやって来て、目の前のグリーン車が空いていたので、それに乗り込む。鞄から水を出して、一息つく。

P3120230_earthquake_refugee 乗ってしばらくは「前橋行き」とアナウンスしていたが、高崎が近付いた頃、「高崎行きに変更になりました」との放送。

昨日東京に行ったが帰れず、やっと帰ってきた、おばあちゃんたちが、大慌てである。

P3120235_takasaki_refugee_earth 「高崎に着いても、そこから前橋行きとか、どうなっているか分からないんでしょ」と、グリーンアテンダントに聞くと、「そうですね。」と。

そこで、高崎までワーゲンに迎えに来てもらうようにメールをする。

P3120250_takasaki_smokin_area 高崎で、少し時間があるので、一服する。電車の発車も良く分からないから、多くの人が喫煙所に集まっていた。

P3120293_takasaki_platform_2 上野からの電車が到着した瞬間は、沢山の人が流れていったが、しばらくすれば、電車に乗って発車を待つ人のみ。ホームからは、完全に人影はなくなっていた。

いつ走るのか分からない電車は、相手にできないということだろう。

P3120306_takasaki_station_hall ホームから上がれば、数人が電光掲示とにらめっこをしている。

P3120307_takasaki_station_timet 「両毛線 前橋方面」は、何も表示されていない。

P3120310_takasaki_ticket_machin 液晶モニターに案内が出ていても、具体的に、どこ行きが、何時に出るのかは分からないから、気休めでしかない。

P3120314_takasaki_station_entra 改札口では何人かの人が。きっと帰ってくる人を待っているのだろうが、この電車の運転間隔と遅れでは、心配しながら、何分、何時間、待つのだろう。

P3120316_takasaki_station_vw トイレに寄っている間に、携帯がなり、ビートルが到着したことを知る。二階から表に出ると、向こうの方にビートルが止まっているのが見え、やっとほっとした。

もっと時間が掛かるかと覚悟をしていたが、西浅草を出てから4時間ほどで帰宅できた。

しかし、月曜日はどうなるのか? 東京へは何時に辿り着けるのか。

|

« 大地震。東京難民。 | トップページ | 地震後、初出勤の日 »

上野、湯島」カテゴリの記事

前橋」カテゴリの記事

東京スカイツリー」カテゴリの記事

西浅草」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

地震の翌日は休日にした会社もあったようだが、これらの写真の混雑ぶりを見ると、そのような会社は千社に一社もなさそう。
東京、神奈川は地震で停電したようだが、高崎線が走る埼玉県は、なぜか停電がなかったよう。

投稿: 盗人・メドベージェフ | 2011年3月14日 (月) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/39218036

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大地震の翌日、高崎線で帰る。:

« 大地震。東京難民。 | トップページ | 地震後、初出勤の日 »