« クリスマスイブのスカイツリー | トップページ | 一年半ぶりの鴻巣は、鷲屋製麺所 »

2010年12月25日 (土)

前橋にも寒気団がやって来た

Pc257677_maebashi_yukigumo 昨夜、浅草から前橋へと戻ると、吐く息が白いほど寒くなっていた。

Pc257683_winter_cloud 赤城山の方から、冬の寒そうな雲が千切れながらやってくる。

Pc257688_subaru えりこさんと昼食に出て、西の空を見れば、そちらの方は完全に雪雲だった。

Pc257694_hato 八幡様の先の「伊勢屋」で、中華丼と、味噌ラーメンで昼食。

「今日から、急に冬だね」と店の旦那さんと、奥さんと話をする。

Pc257717_suzuran 「うすなみ」さんの床屋へ寄ると先客がいて、1時間ほど時間をつぶすこととする。

Pc257724_cafe_roma 寒波の雲を探すように歩いて街へと行くが寒い。

「一旦、自宅に戻ろうか」

Pc257737_yebisu_winter 県庁の方の雲が重たいので、それを眺めに国道17号を渡り、食堂「えびす」のところまで行く。

Pc257754_winter_sky 平野部は青空を時折ちぎれた雲が横切る程度だが、山沿いは重たい灰色の雲に覆われている。

Pc257769_r17_r50_crossing 国道17号と、50号の交差点から見ると、西の県庁方向から、灰色の雲が青空に流れ込んできているのが分かる。

Pc257773_r17_crossing 午後2時過ぎ、南を見れば、冬の低い太陽が眩しい。

Pc257781_fuyu_no_maebashi 毎年やってくる冬であるが、青空と雪雲を眺めながら、「これが前橋の冬なんだな」などと感じる。

Pc257790_sunset_hachimansama_2 床屋が終わって外へ出ると、雲が赤く色付き始めていたが、風は穏やかになり、赤城の方まで青空が増えていた。

Pc257806_hodokyo_maebashi 帰りに今や誰も渡っていないと思う歩道橋を渡る。西の方も南寄りから雲が無くなり、夕日になっていた。

Pc257849_sunset_maebashi 信号も少なく、横断歩道も少なかった子供の頃。夕刻まで遊んだ私たちは日常的に歩道橋に駆け上がり、夕日を眺めるようにして渡り、家路についていた。

山沿いの景色は、その頃と変わっていなかった。でも、この先の桃井小の歩道橋は撤去され、時代は変わって来ている。

日は暮れてきていたが、寒さが和らぎ、「歩道橋を渡ってあげたい」と、気持ちに余裕が出来ていたようだ。

|

« クリスマスイブのスカイツリー | トップページ | 一年半ぶりの鴻巣は、鷲屋製麺所 »

前橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/38215278

この記事へのトラックバック一覧です: 前橋にも寒気団がやって来た:

« クリスマスイブのスカイツリー | トップページ | 一年半ぶりの鴻巣は、鷲屋製麺所 »