« 布団を運んで、夫婦で東京スカイツリー | トップページ | スカイツリー、ポチッと何かが伸びてきた。 »

2010年11月23日 (火)

モノクロフィルムで撮ったら、昭和の前橋が見えてきた。

201004250501_15_daisenji_kita デジカメが壊れたから、今年撮ったモノクロ・フィルムをスキャンした。

好天の空の下、戦後の配給の材木で建てたような家。私が小さいときから、ずっとある。

201004250501_17_tabaco_nakaya 私の、かみさんの家も、配給材で建てた家だったが、数年前に取り壊された。私の家は、大工だったので、少しはましだったが、高校3年の頃に建てかえた。

201004250501_24_yebisu_syokudo 食堂の「ゑびす」は、戦前からあったらしい。路面電車のために国道17号を拡幅するため、前三の前の角の所から、引っ張ってきたらしい。

201004250501_27_tobacoya_akich 八幡様の前には、二軒の駄菓子屋があった。店に入ると、一通り見て、もう一軒にも寄って様子を見てから、買うものを決める。毎日10円の小遣いで、それで何を買うかが楽しみだった。

201004250501_31_hirosegawa 前橋の街の向こう、広瀬川の先辺りが、昔栄えていたらしい。今でも広瀬川の方まで行くと、古い商店や、土蔵が目に付く。

201004250501_33_sakaiya 広い道路や、古い商店街の面影に、その昔の反映振りが伝わってくる。なんだか昔の匂いまでしてくる気がする。

201004250501_35_asaka_taxi 子供の頃は、タクシー運転手は花形商売だった。自家用車がもてない時代、となりのおじさんが運転手をしていて。タクシーでやってくるのが、自慢そうに見え、うらやましく見えた。

我が家の北には、「富士製菓」というケーキ屋があった。前を通れば、いつも甘い香りがしていた。

「あっちゃん、みんなの分のアイスを買ってきとくれ」などと言われて、100円玉を握り締めて、富士製菓へ走る。おばさんが同居していて、祖母と、両親と私の5人。100円あれば、1個20円のシャーベットが買えるからだ。みんなが「バニラがいい」などと言えば、17号の角の「松井さん」へ買いに走った。

「おばちゃんは、オレンジシャーベットで、ボクはメロンシャーベット…」アイスのショーケースの前で、みんなに何を買っていこうか迷ったものだ。

写真を眺めていたら、子供の頃のことが、いろいろと思い出されてきた。

|

« 布団を運んで、夫婦で東京スカイツリー | トップページ | スカイツリー、ポチッと何かが伸びてきた。 »

前橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/37813191

この記事へのトラックバック一覧です: モノクロフィルムで撮ったら、昭和の前橋が見えてきた。:

« 布団を運んで、夫婦で東京スカイツリー | トップページ | スカイツリー、ポチッと何かが伸びてきた。 »