« ワーゲンバスで世界一周がニュースになった!! | トップページ | 盛り沢山の熱塩温泉郷「一日ワーゲン博物館」 »

2010年6月10日 (木)

毎年恒例、ワーゲンで喜多方市熱塩へ

P6050195_vws_satrt_at_maebashi 熱塩温泉へは中学の頃より行っているが、ワーゲン仲間で集まるのは、今年で8回目。「ひめさゆり祭り」のイベントのひとつとして集まっている。

P6050203_rain_and_sun_shine 朝7時半に、次男と一緒に家を出る。雨予報は、南北方向で点々と雨が降り、それが西から東に抜けていく絵柄。私たちは南から北へ向かっていくから、時折雨が頭上を横切っていくこととなった。

P6050223_old_car_and_ashio_st まずは足尾駅でトイレ休憩。駅前に行くと、なんと昔のサニーが止まっていた。お話をしたら、昭和45年のサニー1000だそうで、驚くのは2ドアセダンというところ。秋田から、親戚まで走り、そこにサニーを預けて、マン島に行くのだとか。

「TTレースですか?」と聞くと、「そうなんです」と嬉しい応え。

P6050234_vw_run_at_ashio 3台で一緒に足尾駅をあとにして、私たちは北へ、サニーは南に下っていった。

P6050242_wagen_peek 日足トンネルを抜けて日光にでて、いつものワーゲン峠(我が家ではそう呼ぶ)を走り、鬼怒川へと行く。

P6050249_kinugawa_station 鬼怒川には東武の電車が留置されていた。いつも浅草の方で見ている電車に親近感を覚える。

P6050255_yagansen さらにその先で、野岩線を行くディーゼルカー(?)に出会う。いつもは出会えない列車に、ちょっと興奮する。

P6050258_ikari_dam 五十里ダムを経て、五十里湖岸を走る。雨と晴れが交互に来て、雨が降れば少し涼しく、日が出れば少し蒸し暑いという、中途半端だが、ある面過ごしやすい天気。

P6050265_vw_run_in_aizu 五十里湖を過ぎれば、程なく会津である。トンネルを抜けると、好天の会津となっていた。結局は何度が雨に降られるのだが。

P6050267_aizu_tajimz 午前11時半ぐらいに会津田島に到着。昼食にしたかったが、次男坊が朝のおにぎりの残りを食べていて、会津坂下まで行くこととする。

P6050279_yunogami_hot_spring 下郷から芦牧辺りまでは豪雨となる。しかし、ビートルは快適だ。3度ほどの小休止をしただけで、ずっと走りっぱなしでありながら、身体は疲れもしないし、痛くもない。

応接のたっぷりした椅子に座ったまま、足をちょっと動かして、手も軽く動かしているだけで、約200kmを走ってしまう。天気が暑くもなく、寒くもないお陰もあるが、「こんな快適な移動空間があって良いのか」と思うほどだ。

P6050301_aizu_bange 坂下の駅前食堂「山方屋」さんまで、超快適なツーリングだった。ここで4月と同様に昼食とする。面白いことに、ワーゲンを降りたところでは雨には降られなかった。

P6050417_noborigama まだ十分に時間は残っているが、食事を終えるとすぐに喜多方を目指す。喜多方の市街地を抜けた北の方に、行ってみたいところがあるからだ。

4月の時は、近くまで行ったが、天気が崩れてきたことと、道が判らなくなってしまったことで、諦めたのだった。

目的地というのは、登り窯である。マニアとしては立ち寄らなくてはならない登り窯なのである。

つづく。

|

« ワーゲンバスで世界一周がニュースになった!! | トップページ | 盛り沢山の熱塩温泉郷「一日ワーゲン博物館」 »

トロッコ」カテゴリの記事

ワーゲン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

足尾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/35170656

この記事へのトラックバック一覧です: 毎年恒例、ワーゲンで喜多方市熱塩へ:

« ワーゲンバスで世界一周がニュースになった!! | トップページ | 盛り沢山の熱塩温泉郷「一日ワーゲン博物館」 »