« 今年の春もワーゲン仲間で軽井沢 | トップページ | 稀だから、嬉しくなる。 »

2010年4月26日 (月)

あの頃のように、一毛町へ

P4240083_gakusyujiku 4月24日の土曜日、夕方になってデジカメを下げて中央前橋駅に向かった。ちょうど高校時代のように。

P4240100_hachimansama 大通り沿いに残る土蔵は、小学校時代の学習塾だった。窓の少ない土蔵の二階が教室で、そこへ学校の宿題を持って行き、みんなで、先生に教わりながらやるというものだった。学習塾的なことは、時折ドリルのようなことをしたり、小学校6年の三学期頃からは、中学一年の英語を教えてくれた。

塾に集まる子供は、学年はまちまちで、八幡様の方の時計屋さんの兄弟がいた事を覚えている。お兄さんは私より年上で、弟さんは私より年下だった。多くは商店や、我が家のような共稼ぎの家だったのだろう。

P4240123_ekimae ハトを追いかけるように写真を撮りながら、八幡様を通り抜け、本町の公民館前の路地からスバルの前に出て、中央前橋駅へ向かう。街路樹は随分と緑色になり、午後5時を過ぎても濃い青空が残っていた。

P4240131_hirose_gawa あの頃も、高校から帰ってきて、「まだ暗くなるには早そうだし」と時折カメラを持って上電へ向かった。大体、カメラにいつもフィルムが入っているわけではなく。家族でドライブに行ったときのフィルムが残っていたりすると、もう出かけたくてしょうがなかった。

P4240148_waiting_room 上電の中央前橋駅に着くと、ちょうど発車の時刻で、駅員が私の様子を見てから、電車は発車していった。あの頃も乗ることは殆どなく、線路沿いを行き、電車がやって来ると写真を撮るようなことをしていた。

P4240152_station_exit 土曜日の私も、三俣まで行くだけであり。電車ではなく徒歩で線路沿いを歩くことにしていた。ふっと中央前橋駅の北側から出入りしたことがないことに気が付き、駅の中を通り抜けて裏へと出る。

P4240161_ekibuil 北側に出ると、光景はあまり子供の頃と変わっていない。食堂の入った古びた雑居ビルと、駅側には、やはり古びた細長いビル。その一階には小さな居酒屋などが並んでいる。前橋の繁華街に近いが、子供の頃は、ちょっと雰囲気の違う、怖そうなところだった。

P4240196_makuragi 駅沿いの細長いビルの向かいには色々な商品が並び、ぶら下がっている質屋があった。中学一年の時にギターが欲しいというと父親はここへ連れてきて、質流れの全音ガットギターを買ってくれた。今でも時折ナイロン弦を張り替えて弾いてみるが、とても良い音がする。あとは腕が良ければと思うが、今更勉強をする事はなかなかできない。

P4240212_ogawasanchi_fumikiri 踏み切りのところからは、線路からちょっと離れてしまう。さっき15分発が行ったということは、38分着がやって来るはずである。途中で小走りになり、路地の先の踏切を目指す。この踏切を渡ったところにトランペットの小川さんちの鯉池があった。もう、今はどこにあったのかも分からなくなっているが、父親のあとについて、薄暗い中、小さな橋を渡って行ったのを覚えている。

P4240229_jyoden_ikkemachi その踏切から二中と線路の間にずっと小道がある。小道の先が今は「城東駅」という、昔の一毛町駅である。工場の裏手のカーブしたところに電車二両が止まれるホームがあり、その狭苦しいところにある駅が大好きだった。工場は取り壊されて広い更地になっていたことがあるから、今の家々はその後のものである。それでも、狭苦しい感じは変わらず、私にとっては上電らしい光景となっている。

P4240236_jomo_nicyuwaki 昔から、急に思いついて出かけるものだから、すぐに日が暮れてきたりする。この日も一毛町に来る頃には日は傾き、写真を撮るのが心配なほどになっていた。それでも、日当たりとかを何気なく気にしながら写真を撮れば、それなりのものが撮れるものである。

写真というものは、その瞬間瞬間が大切であり、いかにその瞬間の環境を活かして撮るかである。特に今までそこに居なかった電車がやってくるだけで、日当たりや光景が一変することがある。だから、写真というのは面白いのだと思う。

さて、今宵はここまで。後日、一毛町から三俣町までのお話を書きましょう。

|

« 今年の春もワーゲン仲間で軽井沢 | トップページ | 稀だから、嬉しくなる。 »

前橋」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

良い写真ですね~
店で見せて貰ったのとは趣が違って良いですね~!!
翌日はかなりきつかったとか・・・
今度は音楽も聞かせて下さいm(_ _)m

投稿: のすたるじ~ | 2010年4月27日 (火) 01時26分

昨晩は、缶ビール350mlを電車の中で一本。
なのに頭が痛いので、まだ風邪が良くなっていないのですね。
だけどQWを控えて、休むわけにもいかないな~。

土曜日は楽しかったですよ。
ブログの続きにご期待ください!?

投稿: あつし | 2010年4月27日 (火) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/34404237

この記事へのトラックバック一覧です: あの頃のように、一毛町へ:

« 今年の春もワーゲン仲間で軽井沢 | トップページ | 稀だから、嬉しくなる。 »