« スカイツリー。春日通りから四ツ目通りへ | トップページ | 隅田川沿いに… »

2010年3月31日 (水)

東京スカイツリー338mの撮り方

P3300245_viewers_of_skytree 平成22年の3月29日、東京スカイツリーが、東京タワーの333mを超える338mとなり「日本一」となった。かなり高くなったスカイツリー。写真を撮っても根元からは写らなくなってしまった。

P3300320_narihira_bashi 写真を撮ってもスカイツリーの先端ばかりになってしまっていないだろうか。そんなスカイツリー見物で訪れる人へ、ちょっとしたアドバイス。

まずは、業平橋から。橋の上から撮ると28mmでぎりぎりではないかと。では、根元は橋の欄干というか親柱で隠してしまう。すると「なりひらばし」の橋の名前と一緒になって、とても説明的になるのだ。

P3300376_narihirabashi_station 東武鉄道伊勢崎線の業平橋駅のの高架はちょいと古くて良い感じ。であれば、その高架のすぐ脇から見上げるスカイツリーはどうだろうか。

P3300392_tobubashi 駅から出てすぐの「東武橋」や、押上駅近くの「京成橋」。ここも橋の欄干の洒落た街灯と共に撮れば「東武橋で撮ったのよ」と分かりやすい。「京成橋」も、橋の途中にあるステンドグラスのある欄干とツリーを並べたりすれば足元が見えなくても、それはとても素敵になる。

P3300419_tetsuten 下町風情もよい。古い下町と。最先端のスカイツリーーのコントラスト。ひとつのポイントである。そんな古い建物の脇から覗いてみると、こんな感じ。

P3300424_skytree_and_valley ビルの谷間も下町らしい。狭い路地から見上げて撮る。殆ど真上を撮っているのだが、スカイツリーが覗いている。それほど高いということが分かるというもの。

P3300460_rojiura_skytree ぽつんと残る路地裏の木造家屋。日陰だけれど、庭木もあって雰囲気がよい。手前に庭木を入れて撮れば、これもイイ。同じ様なスカイツリーの写真ばかりではつまらないと思ったら、何かを手前に入れてしまうのがよい。

P3300478_narihira_izakaya 居酒屋さんも下町風情をかもし出している。そんな居酒屋の屋根越しのスカイツリーはいかがだろうか。夕方になったら、こんなところで一杯やって帰るのが、「精神衛生上非常によろしい」などというのは私ぐらいか。

P3300482_asakusa_dori 浅草通りに出ると見えづらいのは確かだが、こんな風にビルと一緒に撮れるところがある。

P3300500_asakusa_dori_gaito こちらも浅草通りだが、通りを渡ってみた。すると、なんだか面白い街灯ではないか。そう思ったら、街灯と一緒にスカイツリーを撮ればよい。

P3300562_skytree_and_steel 浅草通りの古い商店に近付いて、撮るのもなかなかいける。看板の文字がお洒落ではないが、そこにリアリティがあると思う。

P3300581_skytree_and_monohoshi スカイツリーに超接近しての一枚。ただ上を見上げるだけでは、スカイツリー以外に何も写らない。精々周囲を飛んでいるヘリコプター程度。では、道路沿いの家の物干しの下から見上げてしまう。

P3300594_tobubashi 一回りして戻ってきて、再び東武橋。周囲は人でごった返していたが、この欄干の洒落た街灯のところには人はいない。街灯が邪魔だからだろう。でも、街灯の脇から見上げれば、スカイツリーの根元が写らなくても、いい感じじゃない。

P3300630_skytree_and_flower 時間が経って日も回ってきたので、東武の線路の向こうへ。そこから、街路樹を手前に入れて撮影。花が咲いているので、オートフォーカスでピントが花に行くのか、スカイツリーにいくのか分からなくても大丈夫。花でも、スカイツリーでもどちらかにピントがあって、どちらかがボケてくれれば、いい感じの写真になる。

P3300659_skytree_and_tree こちらは庭木の枝を入れてである。まだ葉が芽吹いていない樹木の枝に季節感があると言ってしまえばいいのである。

実は、30日に電車が遅れてしまったことを言い訳に会社を休んでスカイツリーに行ったのである。本当は333mを超える日に休むつもりだったが、29日は客先に行く予定があり、それは無理だった。

諦めていたのだが、電車がフレックスを使えないほど遅れてしまい、ここ数日の寒さで体調も悪かったので休んだのである。しかし、マンションに戻り大人しくしていたものの、338mの誘惑に負けてしまったのであった。

それは、ともかく、「スカイツリーを近くで見たい」と思うのだが、近くに寄り過ぎて撮っていても、みんな空とスカイツリーの途中から上になってしまう。ちょっと冷静になって、近くに何かを見つけて一緒に写真を撮れば、こんな感じにバリエーション豊かな写真を土産に出来るのである。

|

« スカイツリー。春日通りから四ツ目通りへ | トップページ | 隅田川沿いに… »

東京スカイツリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/34021017

この記事へのトラックバック一覧です: 東京スカイツリー338mの撮り方:

« スカイツリー。春日通りから四ツ目通りへ | トップページ | 隅田川沿いに… »