« 鞍掛会館ビル | トップページ | 八木節はじめました »

2010年3月 8日 (月)

明治14年という金垣洋服店が…

P3070191_kaitai 雨。昼食は「昨日のご飯が残っているから…」と言われ、焼き飯にして食べる。雨だから家で何かをしても良いのだが、無性に外に出たくなった。デジカメを持って喫茶店へ向かう。

P3070197_cat 先日寄ったときに、「また、よってくださいよ。」と、なんだか深い思いを込めたような感じで言われていたので、そこへ向かう。アーケードを途中で抜けて行くと、ちょうど信号が青に変わったのが目に入り、小走りで17号の交差点を渡る。

P3070200_kanagakiyoufuku 右手からは、「きゃー、きゃー」という声を上げて、女性三人が一つの小さな傘に群がって、やはり小走りに横断歩道へ入ってくる。交差点の途中で、金垣洋服店が、まだ健在なのを確認する。

P3070208_toile 雨の中、わざわざ歩いて喫茶店に行かなくてもよい感じもするが、気心知れた喫茶店のマスターと、勝手な事を駄弁るのが良いのである。そこに価値があると最近思う。

P3070219_tenmado 17号から少し入ったところで振り返ると、金垣洋服店の庭側の塀が取壊され、庭にあった小屋もなくなっている。近づけば、そこには便器と防火用水とキャタピラーの跡が残されていた。

P3070226_nikai 「ついに解体されるのか」

雨の中、何枚も写真を撮ってしまった。

私の知人の話では、この建物は明治14年築とのこと。馬車鉄道ができ、それが路面電車に代わり、空襲を受け、何度も道路は拡幅されたが、解体されること無く、空襲で焼けることも無く、前橋市街に残ってきた明治の木造建築である。

P3070237_okunai ひと回りして写真を撮って、ちょっと急ぎ足で喫茶店に向かう。

「金垣さんの解体が始まったよ。」と、少しでも早く話してみたい。

P3070260_suiyokabo 角を曲がると、喫茶店は休みだった。確か以前は日曜日もやっていたと思うのだが。この前も休みだったから、日曜日が定休日になったのか。

P3070266_gunte そこから、次の店には、すぐには足は向かなかった。雨の降る中、古い家が目に入ると、そちらに向かい、うろうろとしながら立川町通りに出た。

P3070296_yamadaiin_2 ひとしきり歩いて、冷静になってみると、重機が入ったはずなのに、建物の外観は残っている。

「もしかすると、修復作業とか、リフォームか」と思えてもきた。果たして、どうなるのだろうか。また月曜日からは東京、帰ってくるのは金曜日の夜。

ちょっと気になる一週間になりそうである。

|

« 鞍掛会館ビル | トップページ | 八木節はじめました »

前橋」カテゴリの記事

コメント

初めまして。スクロールするのにヒヤヒヤしながら見ました。
つい何日か前に車で通った時はこの筒抜けの状態でしたので、
そこから更に解体が進んだのかと思いました。
昔は17号の歩道にクラシカルなスクーターが止めてありましたね。

投稿: 前橋っ子 | 2010年3月10日 (水) 19時24分

前橋っ子さん、ようこそ。
スクーターは覚えていないな~。
亡くなった爺さんが乗っていたのでしょうかね。

こちらに、一昨年9月の写真があります。
http://a-nobusan.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-6a96.html


洋服店なので、お洒落でした。

投稿: あつし | 2010年3月10日 (水) 23時23分

こんにちは。
 
今朝、私も行ってきました。幸い、あつしさんの写真の状態から解体は
進んでいないようです。
一ヶ月ほど前、無くなってしまった裏庭(?)を工事用の高い塀の隙間から
すこしだけ覗いたのですが、とても懐かしい感じの雰囲気でした。
母屋自体はなんとか残してほしいものですね。

角にあった銀行(?)の建物と、この金垣洋服店の並びを、前を通るたびに
「昔っぽくていいなぁ」と思っていました。黒いミシンもガラス越しに
見えて・・・。

規模が大きい建物は保存されたりもしますが、私の好きな個人宅のような
小さい建物や、高度成長期のモルタル壁の家屋などは、ここ何年かで
だいぶなくなってきました。
だんだん前橋の街が無機質になってきてしまいました。
あと、ずっと見ていたわけではないのですが、ゑびす食堂周辺に工事の
トラックが停まっていて、足場を組んでいたのですが・・・まさか。

投稿: 前橋のモン次郎 | 2010年3月14日 (日) 22時53分

> ゑびす食堂周辺に工事の・・・まさか。

ついに、屋根の雨漏り工事のようです。

金垣さんは、土曜日に通ったら、水道だか、ガスの配管工事をしていました。
誰か借り手がついたのだと思います。

前橋の明治14年は、まだしばらく残りそうですね。

投稿: あつし | 2010年3月14日 (日) 23時32分

こんにちは。
ブログをたまたま見つけて、写真を見てびっくりしました!

金垣洋服店を借りた者です。

まず始めに報告させていただくと、
これから外観や構造体をできるだけ残しつつ、改築をしていきます。
住宅として、また、少し後になりますが、お茶や食事ができてくつろげるような
飲食店を開きたいと考えています。

本当なら、どういう計画か張り紙を出そうと思っていたのですが、
ばたばたしていて手つかずでした。。。
ご心配をおかけしてすみません。

歩道にスクーターが止めてあったお話、
周りの変化のなかずっと建ってきた家なんだーと実感しました。

投稿: 大田 | 2010年3月15日 (月) 01時47分

大田様、ようこそ。
というか、ご本人登場に、ビックリでございます。

いや、良かった良かった。住む人が見つかって。

投稿: あつし | 2010年3月17日 (水) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/33677667

この記事へのトラックバック一覧です: 明治14年という金垣洋服店が…:

« 鞍掛会館ビル | トップページ | 八木節はじめました »