« さっぱりしてきました。 | トップページ | 秩父鉄道 武川駅 »

2010年2月25日 (木)

冬が名残惜しい

Pc230579_sunset 随分と春めいてきた。昨日今日は、コートやジャンパーも着ないで、会社に行ってきた。「帰りに寒かったら、出来るだけ電車に乗ればいい」と。

Pc230593_chichibu_densya

写真は、年末のセメント工場まで歩いた、その先である。広い道路から離れると線路はカーブしていく。左手から別の線路が近付いているのが分かる。秩父鉄道の本線である。

Pc230600_straight 少し行くと、秩父鉄道の線路は近付き、道はそちらへ向かっていく。いつ電車が来ても良いように、踏み切りの音に気を使いながら歩く。

Pc230607_straight_railroad 踏切鳴り出す。とりあえず線路の近くまで走るが、最近の電車は速いのである。撮影場所を探す間もなく、目の前を横切って行く。ここまで来れば駅も近いと思ったが大間違いである。遠くの方に、線路を渡っているものが見える。

「もしかすると、そこが駅かもしれない。」

Pc230646_chichibu_kamotsusen しばらく行くと、セメント工場からの線が、秩父鉄道と合流する。頭の中には、出掛ける前に簡単に見た地図が浮かぶ。もう近いと思いつつ、あの地図では、もっとセメント工場も近く感じたことも思い出す。

つまり、駅までは、セメント工場までと同様に遠いのである。

Pc230652_crossing 望遠レンズで見ると、機関車たちが見えるようになった頃。日は、どんどん傾いていく。日が沈む前に、駅までたどり着き、周囲の写真を少しでも撮りたい。

Pc230663_station 駅はどんどん近付いてくる。すると、ちょっと元気も出てきて、歩くスピードも速くなる。

Pc230685_yellow_train しかし、駅を目前に「羽生行き」の電車がやってきてしまった。つまり、次の電車まで待たなくてはいけないということである。でも、写真を撮るにはちょうど良いか。

オレンジがかった日を浴びた、カナリヤ色の電車は、何だか昔の上電のように見えた。

Pc230694_kamotsuressya 駅に着くと、貨物列車が止まっていたが、パンタグラフを下ろしていた。

「やっぱり今日は貨物列車の運転はないのか。」

Pc230715_takekawa_station 何とか日暮れ前に間に合った。まだ午後4時前なのに、随分と暗くなりつつあった。

この前の土日、そして昨日、今日と、ぽかぽかである。空気が春の香りである。この前までの連日の雪、ミゾレまじりの天気が、随分と前のことのように思えてくる。

何だか、冬の日が名残惜しい。

|

« さっぱりしてきました。 | トップページ | 秩父鉄道 武川駅 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/33534038

この記事へのトラックバック一覧です: 冬が名残惜しい:

« さっぱりしてきました。 | トップページ | 秩父鉄道 武川駅 »