« 今年も町内の餅つき | トップページ | 氷雨舞う赤城駅 »

2010年2月12日 (金)

りょうもう号でスカイツリー

P2110014_shinnakamise 汗ばむほど暖かいと思っていたら、再び寒くなってしまった。高崎線で途中下車を楽しもうと思ったが、昼過ぎに西浅草のマンションを出ると小雨がぱらつきだした。

P2110017_nakamiseura できれば傘をさしたくない。高崎線での途中下車も辛そうだ。北関東は雪になるかも知れないらしいし。そこで、足は雨にぬれない新仲見世に向かった。

P2110022_ryomo_ticket 雨のお陰か、新仲見世のアーケードは、いつもよりも混雑しているようだった。東武電車の浅草駅に行くと、30分後にりょうもう号がある。とりあえず指定席の切符を買い、周辺を歩いて時間をつぶす。

P2110038_asakusa_station 駅を出ると雨は殆ど上がっていた。これ幸いと歩き出す。古臭いガード下を抜けて向こう側へ行くと、交差点のところで東京スカイツリーが覗いていた。

P2110040_asakusa_skytree スカイツリーを眺めに隅田川へ向かう。またいつ冷たい雨が降り出すかもしれず、川沿いの公園は閑散としている。

P2110063_train_rever_skytree 写真を撮っていると、東武の電車がやって来た。出来ればスペーシアが良いが、本日はそれを待つほどの時間はない。時折デジカメの時計を見ながらである。

P2110067_sumidagawa_tobu ガードを走る電車を追いかけて、そのまま浅草駅へと向かう。いつも正面から見ていたが、裏から見ると歴史のある古いビルであることが分かる。

P2110078_asakusa_station 交差点を渡りながら見上げて写真を撮る。松屋デパートも老朽化して建てかえるという噂もあるが、どうなのだろうか。

P2110118_tobu_tyomo 「スカイツリーができたら、東武はお客さんを日光方面に連れて行きたいから、業平橋を終点にして、業平橋、浅草間はトロッコ列車のようなものを走らせる」などと数人から聞いたが、噂の域である。

P2110124_sumidagawa_skytree ビールとサンドイッチを買ってりょうもう号に乗り込む。暖かいシートでくつろいで車窓を眺める。駅を出ると、スカイツリーは左側になり、隅田川を渡りだすと良く見える。

P2110134_tobu_yard いつもは仕事で、外から眺めているだけのヤードを中側から眺めるのは不思議なものだ。業平橋の駅で目を凝らすと「280m」とスカイツリーに書かれていた。

P2110141_oshiage_tree 押上の踏切を過ぎろ頃、後ろにスカイツリーが見える事に気が付き、振り返って写真を撮る。北千住まではくねくねとカーブが続くから、結構良く見える時もある。

P2110146_ryomo 下町風情が漂い、北千住に近づくと良く見えなくなってしまった。結構高くなっているから、随分遠くからも見えるはずだが、北千住を過ぎると、どの方向なのかもわからなくなってしまった。時々、「これかな?」と思うものが目に入るが、どんよりした天気でかすみ、こちらは走っているから、方向は変わり良く分からないまま越谷辺りまで来ていた。

長男が住んでいるところ辺りに来ると、高架も終わり、複線で地面を走る。この辺りから北関東のローカル私鉄になっていく感じがする。

|

« 今年も町内の餅つき | トップページ | 氷雨舞う赤城駅 »

東京スカイツリー」カテゴリの記事

西浅草」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/33341702

この記事へのトラックバック一覧です: りょうもう号でスカイツリー:

« 今年も町内の餅つき | トップページ | 氷雨舞う赤城駅 »