« 初市の上電は、ワンマンじゃない!? | トップページ | 今週の私。 »

2010年1月13日 (水)

セメント工場から先

Pc230485_longlongawey 昨年末、23日に歩いた時の続きである。セメント工場をあとにして、しばらく歩くと、またまた直線となった。線路も道路も、ずっと向こうまで一直線に続いている。

Pc230502_straight 道路は半分ほどが舗装されているものの、半分は未舗装ぶある。

もしかすると、線路の引込み線などが、道路と平行したり、そこから小さな工場へ伸びていたのかも知れないと想像させる。

Pc230508_localcrossing 何もない殺風景な中に一直線に伸びる線路と道路だから、そこを歩くといっても、何か想像したり、面白いものを見つけるしかないが、面白いといってもせいぜい踏切程度である。

Pc230509_azemichi その踏切といっても、全く見所のない、遮断機も警報機もない小さなものである。そのとてもシンプルな姿に面白みを見出すというのだろうか。

一箇所だけ、線路と反対側に味のある畦道が延びていた。

Pc230523_straightrailroad 延々とどこまで続くか分からない直線道路を、ずっと歩くというのも厳しいものがある。

しばらく歩いて、線路の先がカーブしているのが分かってきた。しかし、だからといって面白い景色が広がる訳ではなさそうである。

Pc230538_road 遮断機のある大きな踏切のところに来ると、そこから線路は左カーブを描き、道路も全て舗装の普通のものとなった。しかし、工業団地のような中へ向かっていく道路は今まで以上に殺風景なのである。

Pc230550_mizutamari ゆるい左カーブの中ほどで、缶コーヒーを開ける。随分前にコンビニで買ったものだ。

「缶コーヒーぐらい、ゆっくりと腰を掛けて飲もう」と思っていたのだが、歩く足は写真を撮るとき以外止まらず、喉の渇きに負けて立ち止まることとなった。

Pc230559_smallcrosing しかし、立ち止まったのは缶を開けるときだけ。結局は飲みながら歩いていた。その先から、線路は右カーブとなり、広い道路と分かれていく。

Pc230567_rightturn 左手から秩父鉄道の線路が近付いてきているからだと、ちょっと先が見えた気がする。

しかし、まだまだ遠かった…。

|

« 初市の上電は、ワンマンじゃない!? | トップページ | 今週の私。 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/32976427

この記事へのトラックバック一覧です: セメント工場から先:

« 初市の上電は、ワンマンじゃない!? | トップページ | 今週の私。 »