« 仕事納め | トップページ | 年末を前橋で過ごす。 »

2009年12月30日 (水)

やっぱりツリーを見てから帰ろう。

Pc290012_nishiasakusa2chome 二日酔いで、午前は大人しく風呂掃除などをして、マンションで昼飯も食べて、表に出る。スカイツリーを眺めてから、東武電車で寄り道しながらのんびり帰るつもりだった。

Pc290035_shinnakamise マンションを出て右折すれば、新仲見世に繋がる通り。正面にスカイツリーが見える。もう、できるだけ沢山スカイツリーを眺めて、それで群馬へ帰ろうということだ。

Pc290076_kaminarimon 国際通りを横切り、新仲見世に入る。途中からアーケードが工事で取壊されて、松屋の上にスカイツリーが覗いていたのだが、アーケードができ始めてしまい、見えなくなってしまった。

Pc290119_azumabashi 仕方なく、雷門通りへと出て、スカイツリーを眺めながら歩く。随分と大きく、立派に見えるようになってきた。吾妻橋を渡り始めると、ビルの陰に隠れてしまうが、そのうちに、ビルの向うにニョキっと頭を出すのだろう。

Pc290143_ikesudoraku ビール会社のビル脇の広場まで行くと、またスカイツリーは姿を現す。そこから区役所の方に行き、正面にツリーの見える道を行く。

Pc290159_unistar 午後になって、日の角度も良い。

「この道を行って、東武の電車と一緒に写真を撮って、それから小梅橋。そしたら浅草通りに出て業平橋から…」と勝手知ったるスカイツリー周辺だから、歩くルートは頭の中にどんどんできていく。

Pc290180_tera この辺りを歩くのは、朝か、仕事帰り。今日は時間帯が違い、スカイツリーも美しく見える。

Pc290220_yakatabune トヨタのところまで行けば、迷わず橋へ行き、東京スカイツリーと、屋形船と、東武の特急電車とのスリー・ショットである。先客が二人いて写真を撮っていて、ステンレスの電車が走り去ると、どこかへ行ってしまったが、やはりスペーシアが走ってくれないと、絵柄としては面白くない。

Pc290256_koumebashi 小梅橋には、一人のおじさんが、欄干にもたれるようにして、ボーっとツリーを眺めている。川を見ていて、水鳥に気が付く。冬だな。

Pc290267_narihirabashi 業平橋の手前まで行くと、トヨタの脇の道で出会ったおじさんが写真を撮っていた。フィルムカメラ、ミノルタの一眼レフで、丁寧に写真を撮っている。

「あれ、見つかりました?」

「あぁ、あったよ。良かった。」

さっき話をしていたら、おじさんは、何かをどこかへ忘れてきたのを思い出し、慌ててどこかへ走っていったのだった。

Pc290276_tobu_honsha 東武の旧本社の状況も見ておかないと気が済まない。旧本社は、ビルと同じようなシルエットの壁の中。随分と解体は進んでいるようだった。

Pc290295_tokyo_bando 近すぎると写真も撮りづらいので、ジョナサンの方へ行き、少し南の通りを歩く。しかし、冬の日は傾くのが早く、通り沿いの建物は殆ど日陰になってしまった。

Pc290298_shinise この辺りから撮るのは、やはり昼時が良い感じだ。これより先に行くと、今度はどんどん逆光気味になっていってしまう。

Pc290335_oshiage いやはや、黙々と歩いている。ツリーを遠巻きにして、もう随分と歩いてしまった。地下鉄押上駅まで来る。それでもまだ「十間橋まで行きたい。」と、どんどん歩く。

Pc290339_keiseibashi 京成橋まで来ると、またまた沢山の見物人がいた。今日は東武橋と、京成橋が人気のようだ。この分だと、十間橋も見物人が多いに違いない。

|

« 仕事納め | トップページ | 年末を前橋で過ごす。 »

東京スカイツリー」カテゴリの記事

業平橋」カテゴリの記事

西浅草」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/32786368

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりツリーを見てから帰ろう。:

» 大東建託 賃貸 [大東建託 賃貸]
大東建託 賃貸マンションについて [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 23時34分

« 仕事納め | トップページ | 年末を前橋で過ごす。 »