« 高崎線、本庄駅で久しぶりに下車 | トップページ | 西浅草から前橋に帰って… »

2009年12月10日 (木)

たまには、前橋の光景も

Pc063269_zaimokuya さて、久しぶりに変わり栄えのしない前橋の光景。土曜日の午後は雨で、用がなくて暇にして夕方部屋で寝ておきたら、次男坊からメールが入っていた。

「今、スタジオですが、と゜こにいます?」と。

Pc063281_tobacoya 「馬鹿野郎! 今日スタジオで練習とは聞いてないぞ!!」である。もう、一時間も経っている。結構な雨の中、大変むかついて最後の30分でスタジオに入ったが、次男のベースも落ち着いてきていて、非常にギターが弾きやすかったという結論。

Pc063359_orange_and_kura_2 日曜日は、一転して快晴。これは何かしなくてはいけないと、カメラを持って表に出る。そして、カメラバックのフィルムカメラで写真を撮ろうとしたら、カメラにフィルムは入っていないし、カラーで撮りたいのに、白黒フィルムしか持っていないという失態。

Pc063389_heiten そうなれば、あきらめもつくというもの。デジカメで写真を楽しむ。カメラバックの中で、唯一役立つのは、望遠のズームのみであるのだが。

Pc063399_mon いつもとは、ちょっと違うルートで、三河町の旧大竹酒造を目指す。昔、伯父さん家族が住んでいた三河町から、母方の実家方面まで歩こうというこんたんである。

Pc063419_totsuzen_akichi 大竹酒造の通りの交差点まで行くと、角の家がなかった。果たして、ここには家があったのか、元々空き地だったのか、全く記憶がないが、角からレンガの煙突が良く見える。

Pc063432_yptsukado そして、反対側に目をやれば、二軒の家が空き地になっていた。こちらは、以前は何か建物があった記憶がある。ただし、やはり、明確に何があったかは思い出せない。

Pc063446_cocomo_syuzoka そして、改めて大竹酒造を目指す。

元牛乳屋は、以前は酒造か、醸造所だった面影を残している。今は牛乳屋でも、なんでもないが、街道筋らしい建物が魅力的である。

Pc063451_roji そして、この辺りは狭くて奥行きのある路地が多く残る。町屋造りの商店が並んでいた町だったのだと思う。熊谷ではないが、焼け跡に小さな家々が建った感じである。

Pc063479_otakesyuzo 大竹酒造の手前には、古い写真屋があり、古い「アパート」がある。玄関にアパートの住人の靴が脱ぎ捨てられていたのを思い出す。

しかし、この日は人気がなかった。もしかすると、取り壊されるのを待っているのかも知れない。

Pc063494_itabei 旧大竹酒造は、最終的には前橋市の所有となった。しかし、今もそのまま何も変わらずに残っているというのが実情だ。

もっと何か出来ないだろうかと思う。

Pc063529_rojikara_syuzo ちょっと罪悪感を伴うが、私の好きなのは、大竹酒造脇の路地である。被写体はあくまでも酒造で、皆さんが生活しているところは、出来るだけ写真を撮らないように歩く。

何だか分からないが、住人と顔も会わさず、挨拶もなく写真を撮るのには抵抗を感じる。

Pc063536_rojikara_entotsu 昔ながらの細い路地なのである。「大竹酒造の写真を撮っています」という理由がなければ入っていけないほどの狭い路地。私が子供の頃は、そんな入ってはいけないような路地が沢山あり、それを探検するようにもぐりこんでいくのが、子供時代の遊びではあったが。

Pc063608_akichi 大竹酒造から、ジグザグに、くまなく歩いて中川小の方へと歩いていく。空き地になったところ。その向こうの家は、突然なくなった家のお陰で、見せたくはなかった姿をさらし出した感じもする。

Pc063629_tange_syuzanjyuku その先で、黄色いイチョウを見つける。青空と紅葉したイチョウが美しい。今年は寒くなったり、暖かかったり、本当に、今までと比べると異常な天気だが。そのお陰で、場所によっては紅葉も中途半端であるが、ここのイチョウは、美しく黄色く色付いていた、

「丹下珠算教室」。私の子供の頃は、「丹下珠算塾」と呼んでいたところだと思う。今になってみれば、古い土蔵と石積みの蔵を利用していたのが理解できる。今も珠算塾をしているのだろうか。

更に先に行くと、私の父親が終戦直後に働いていたパン屋があるが、少し前までは看板に薄っすらと文字が残っていたが、今回訪れると、看板は真っ白になっていた。ひとつの時代が終わった。終わっていこうとしているのを感じたのだった。

|

« 高崎線、本庄駅で久しぶりに下車 | トップページ | 西浅草から前橋に帰って… »

前橋」カテゴリの記事

コメント

三河町は、私が小学生の頃前三や今井ストアーススランデパートなどに遊びに行くのに
ゲームやら前三の地下で、ジュースなどで小ずかいを使いはたし帰りのバス代まで使ってしまい、歩き
ながら帰った事がよくありました。
歩きりながら景色を観て帰るがとても好きでした。
途中でコーラ瓶などを拾いながら換金などをしながら帰った覚えもあります。
最近では、考えられないことですね。
とても、なつかしく感じます。

途中の写真に写っていた更地は、三代続いているモーター屋さんですね。
三河町は、区画整理が始まり懐かしい町並みがどんどんなくなります。

まぁ、住人の方は便利になり住みやすくなるのでしょうから、無責任な事は言えませんが
とても寂しく感じます。

私も、信沢さんと同年代ですからいつも懐かしく拝見しています。
これからも、頑張って下さい。

乱文ですみません。

投稿: | 2009年12月10日 (木) 09時57分

コメントありがとうございます。
このコメントを読んでいて、子供の頃の「まち」を思い出しました。

前三が出来る前は、赤かんばんがデパートでしたね。
一番上でしたでしょうか、食堂のある階に、ミニカーが売っているコーナーと、小さなゲームコーナー。
そしてテラスのところには10円(?)を入れると動く、かぼちゃの馬車のようなのがあったのを覚えています。

お小遣いは毎日10円でした。
学校から帰ると、10円玉を握り締め、ダーっと家を飛び出すと、暗くなる頃まで帰ってこない。
「鉄砲玉」と呼ばれていたのを覚えています。

> これからも、頑張って下さい。

はぁ。遊びなんですけど…。
じゃ頑張りますかね。前橋市のために!!

投稿: あつし | 2009年12月10日 (木) 20時25分

こんにちは。
 自分もこないだ、この周辺をデジカメ片手に三河町周辺を巡りました。
大竹酒造前のアパートは、以前から「いい感じだなぁ」と思っていました。
松本零士さんの「男おいどん」のおいどんが住んでいそうな・・・そんな雰囲気で。
なんだか、ここ最近で急激に味のある建物が無くなっていっている気がして
寂しい限りです。
 あつしさんがおっしゃっているとおり、どんなに撮りたい光景であっても、そこにいる人、
住民のかたに不快にならないように、というのを自分も心掛けています。
何かで読んだのですが、前橋で最初にエスカレーターが設置されたのが赤かんばん
だったそうで。「エスカレーターを乗りに」行列になっている子どもたちの写真が載っていました。


投稿: 前橋のモン次郎 | 2009年12月13日 (日) 08時32分

>この周辺をデジカメ片手に三河町周辺を巡りました。
なんだか文章が変でした。失礼しました。

投稿: モン次郎 | 2009年12月13日 (日) 08時36分

「赤かんばん」は、すごかったですよ。
食堂には、「お子様ランチ」があり、それでナイフとフォークの使い方を習ったりして。
父親は、フォークの背にご飯を載せて食べていましたが、私は当時からその奇妙な行為を疑っておりました。(笑
あと、「フルーツ・ポンチ」もあったな~。

あとは高級なレストランといえば、「ミヤマ」でしたね。
親戚で集まって、ちょっとお兄さんになっていた私は「スパゲティ」を頼んだのでした。

高級な百貨店でした。前三も、藤五もできる前の話です。

投稿: あつし | 2009年12月14日 (月) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/32551634

この記事へのトラックバック一覧です: たまには、前橋の光景も:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/12/10 08:55) [ケノーベル エージェント]
前橋市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年12月10日 (木) 08時55分

« 高崎線、本庄駅で久しぶりに下車 | トップページ | 西浅草から前橋に帰って… »