« セメント工場への専用線 | トップページ | 仕事納め »

2009年12月27日 (日)

線路を辿って関東平野を行く

Pc230262_railroad_curve 1kmほど続く直線を歩ききると、高校へ突き当たった。線路はそこから町の周囲をトレースするように右カーブになり、線路脇の道も途切れる。

Pc230264_orange 仕方なしに、踏切を渡って右の方へ行く。カーブに合わせて、クランク状に歩いていく。熊谷辺りは関東平野のど真ん中。田園風景が広がり、所々に古い農家も残る。

Pc230266_nanohana 奈良堰用水を渡り、畦道のような細い道を行き線路を目指す。線路脇の木に沢山の鳥が実のようにとまっているのに目が行った。写真を撮ろうとすると、それだけで殆どがフワっと飛び立って、近くのどこかへ。

そして視線を下げると黄色いかわいい花が。「菜の花」だった。12月だというのに。

Pc230269_fukaya_negi 線路に突き当たると道は右に直角に曲がる。右手の畑の葉を落とした木が良い感じで立ち止まる。すると、今度はねぎが目に入ってきた。「深谷ねぎ」だろうか。

Pc230286_rail_and_cementplant 出来るだけ線路の近くを歩こうとしていたら、小道は、そのまま畑になってしまった。仕方なしに畑の端を歩いて、久しぶりに広い通りに出る。

しかし、踏切を渡れば再び畑と線路に挟まれた未舗装路を歩く。

Pc230291_cement_plant 正面にセメント工場が見え目的地はかなり近付いたが、歩いている道路は、しばらく先で左にカーブしている。さて、そこからはどうしよう。

Pc230299_woods_side_railroad 天気も良くて、景色も良いが、もう随分と歩き続けている。しかし、戻るにも遠いし、ただただ前進あるのみである。

Pc230301_country_crossing 線路は、築堤となり少し高いところを走っている。あの工場辺りは小高い山になっているのだろうと思う。

Pc230317_jyutaku_tekkyo 線路の下をくぐって、左に直角に曲がり、また線路の下をくぐると、住宅も増えてきた。もう着いたのも同然だと思うと、急にトイレに行きたくなってきた。しかし、線路伝いに歩いているから、コンビにどころか、商店にもなかなか出会えない。

こいつはやばいぞ。

|

« セメント工場への専用線 | トップページ | 仕事納め »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/32759982

この記事へのトラックバック一覧です: 線路を辿って関東平野を行く:

« セメント工場への専用線 | トップページ | 仕事納め »