« やっぱりツリーを見てから帰ろう。 | トップページ | 2009 年末の東京スカイツリー »

2009年12月31日 (木)

年末を前橋で過ごす。

Pc300021_nenmatsu 昼近くまで寝て、今年の写真を整理していたら午後3時近くになってしまい、慌てて外へ出る。まずは、駐車場探しだが、近所には空きがないことを感じ、そのまま街へ行く。

Pc300023_bentendori どこへ行くということは無いが、食事ができる場所を探して歩く。日曜日の夕飯の本格中華の店の餃子が、あまりにも餃子らしくないものだったので、目指すは「餃子定食」のある店。

Pc300027_kyoka 弁天通りの中華屋を思い出し、そちらへ向かう。最近も寄ってみたかったが、結構混んでいて入らなかった。今日は時間帯も完璧にずれおり、奥のテーブルに常連さんが一人いるだけだった。

Pc300031_zaru 元「甘太郎焼」の隣。この脇の路地を入ったところで小学校の頃良く遊んだものだ。カウンターに座ると20代の頃を思い出した。この店が好きな誰か友人と何度か来たことがあるのだと思う。

Pc300044_cat メニューを見ると、「餃子セット680円」がある。「今日は飲まずに…」などと言いながら注文すると、私につられたかのように1人、もう一人と常連さんが現れ、二人とも熱燗を頼む。

Pc300053_1pon 手打ちのラーメンと、餃子3つと半ライスと、おしんこ。どれも落ち着ける味だった。私は、こんなんがいいのである。

Pc300055_tubugai 私が食べ終わった頃、最後に入った常連さんが、大根と人参の酢の物を差し出して「今日、30日は何の日だか知ってるかい。」と店のおばちゃんに話しかける。

Pc300056_2hon 「わかんないと思うよ。」

「ん、何の日だろうね。誕生日かい。」

「当たりだよ。良く分かったね。皆で食べとくれ。」

Pc300059_3bon_2 常連さんとの話も盛り上がっているし、つまみが出てきては帰るわけには行かない。私も熱燗を頼む。

そのうちに、刺身のブツも出してくるし、一段落していなくなったと思ったら、今度はつぶ貝を買ってきた。これがまた美味くて、結局3本も飲んでしまった。

Pc300062_kyoka 午後3時過ぎに入ったのだが、6時を回ってしまった。店を出ると、弁天通り商店街は薄暗くなっていた。弁天通り、中央通りと、アーケード街を伝わって、真っ直ぐに家路につく。

Pc300063_bentendorishotengai 中央通りの方が明るいが、殆どの店が閉まっているのは同じである。今は午後6時を回れば、皆店を閉めてしまうようだ。

Pc300068_bentendori 19日、20日とお世話になった「モモヤ」さんが近付くと、向うでおやじさんともう一人、店を閉め、こちらを指差したかと思うと、お辞儀をして挨拶をしてくれている。

「この前の日曜日はいつもより人手があったよ。よかったよ。お世話様でした。」と。

こちらは遊びでやっているだけだし、19日の晩の宴会は予定よりも長居をして迷惑もかけてしまったから、丁寧な挨拶に恐縮してしまう。

お互いに、「また来年も宜しく」と挨拶を交わして分かれたが、良いものである。終わり良ければ、全て良しである。いい年だった。来年も人生を楽しむぞ。

|

« やっぱりツリーを見てから帰ろう。 | トップページ | 2009 年末の東京スカイツリー »

前橋」カテゴリの記事

大衆食堂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/32798818

この記事へのトラックバック一覧です: 年末を前橋で過ごす。:

« やっぱりツリーを見てから帰ろう。 | トップページ | 2009 年末の東京スカイツリー »