« 215mを楽しんだ日 | トップページ | 上野-熊谷、高崎線の旅 »

2009年11月30日 (月)

日曜日に帰郷

Pb291424_boys 時には私も忙しいときがある。9月からは、地元でのワーゲンイベント企画で、やはり開催決定までは、他のことが手につかず。今月は仕事で、本番を迎えるまでは、ちよっとほかの事をする気にならなかった。

Pb291428_old_office 土曜日に客先で本番環境を作り上げ、作業は終了。しかし、月曜日は朝からトラブル、問い合わせのために会社にいなくてはいけない。

まあ、本番を迎えた今日、月曜日は、特に何事もなかったのではあるが。

Pb291435_yellow ただ今週は、毎日何かあり、代休を取って群馬に帰る日はなく、29日の日曜日の朝、群馬へ帰宅となった。

合羽橋道具街を横切っていくと、どこからか、子供たちの元気の良い声が聞こえてきた。何やら子供向けのイベントをしているようだった。

Pb291447_ichou しばらくすると、角からボーイスカウトの4人が、頭の上にダンボールを掲げて現れた。どうも、彼らが近所で、バザーか何かをしているようだ。

イチョウも色付き、地区運動会や、バザーなどのイベント時期ではある。

Pb291456_chotkouyou 日曜休み、一日だけで家に戻ってとんぼ返りである。だからこそ、群馬への帰り道を楽しまないといけない。

色づいた木々を見つけながら、上野駅を目指す。黄色や赤に色づいた葉があると思うと、赤く色付いているはずの葉が、全て落ちていたりもする。

Pb291466_matsugaya 月に一度くらいは歩いているルートではあるが、季節が変われば、見所も変わり、楽しめるものだと実感する。

Pb291468_otera 結局、鉄道が好きな私は、地下鉄銀座線の踏み切りに向かってしまう。時間帯によっては、地下鉄の電車と良く出会うのであるが、それは、朝夕の上野始発が増える時間帯。昼間などは、なかなか出会えない。

Pb291475_old_shops 近くまで行くと、古い家が残っている地区がある。というか、古い家が残っていた地区になってしまったか。

ぽつんと一軒分の空き地が、日曜日も目に付いた。

「はて、ここにはどんな建物が建っていたのだろうか。」

一年ほど前までは、古い立派な商店だった角が、新築の住宅にもなっている。

Pb291488_natsukasikado その先の角は、昔の風情が残っている。ちょっと交差する道が斜めで変則的な十字路。その鋭角になったところの角、そこに大木がある。

田舎の街道の分岐のY字路を思わせる。

Pb291557_ueno 銀座線の車庫のところでは、一組の親子がいて、しばらくすると老夫婦がやって来た。老夫婦は、たまたま出会った地下鉄の踏み切りだったようで、おやじさんがカメラを持って写真を撮り出す。

すると程なく「遮断機が下りますから、気をつけてください。」という声。

久しぶりに私も地下鉄の踏み切りで、電車が走るシーンの撮影となった。電車が車庫に入り、老夫婦が感激していると、親子連れの子供が近付いてきた。

「10時14分も、あるんですよ。」

と、私たちに教えてくれた。

上野にたどり着き、高崎線の熊谷で昼食をすることにした。

この続きは、また。

|

« 215mを楽しんだ日 | トップページ | 上野-熊谷、高崎線の旅 »

上野、湯島」カテゴリの記事

西浅草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/32435991

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日に帰郷:

« 215mを楽しんだ日 | トップページ | 上野-熊谷、高崎線の旅 »