« 東武鉄道本社…。 | トップページ | PHS水没につき夫婦で高崎へ »

2009年11月20日 (金)

業平で美味しい一杯。

Pb208762_morning_road 昨日は真冬のように感じたが、本日は眩しい太陽がいた。そんな日は、朝の通勤も楽しいものである。

Pb208780_bakuroyokoyama それとは裏腹に仕事は重たいというのが本日の私だろうか。会社によって、10時半ごろ客先に向かう。秋の空というよりも、青さは冬の空のようである。

Pb208806_tobu_crossing 昼休みに押上駅の方へ向かうと、ちょういいタイミングで踏切が鳴り出した。やはり、踏切があったら、電車が走って欲しいと思うのは私だけだろうか。

Pb208811_oshiage_crossing まずは、本屋へ向かうが、とにかく空が美しい。

Pb208817_oshiage_st 先週同様に押上の駅前で雑誌を買うと、今週は反対に歩き始め、業平橋方面に向かった。

Pb208833_oshiage_shotengai 天気がいいので、やはり、順光になる方向に歩いてしまうのか。それとも、一昨日の昼食が業平橋で空いていたので、そちらに向かったのか。

Pb208855_oshiage 押上から業平橋と、ぐるりと一回りするのだが、その中ほどで、昼食とした。以前から気になっていた店だが、中が見えて空いていたからだ。

Pb208885_hodokyo まあ、700円だから、普通の値段。特に高いわけでもないし、「何でもいいや」である。

Pb208904_tatsutaage 「A定食!ご飯は軽めで」と頼む。おかずが二品と、納豆が付くのが良い。

「今日は天気がいいですね。」

「昨日とは、全然違うよね。天気がコロコロ変わるね。」

Pb208920_roji 「天気がいいとスカイツリーもきれいに撮れるから。」

「お客さん、カメラが好きなの。ボクはカメラマンだよ。」

「え!?」

Pb208925_towe_and_sky 居酒屋のオヤジが「カメラマン」と言い出した。理解が出来ない。本業がカメラマンで、趣味で店をやっているのか…。

Pb208945_ryomo_night スタジオが焼けてしまって何も残っていないのだそうだが、往時のモノクロ写真を見せてくれた。どれも、きれいな有名人が写っていた。

Pb208978_yprunotumamo_2 「今度、夜来るので、入れてくださいね。」といったものの、仕事はトラブル続き。客先を出ると、昼間の店に向かっていた。

Pb208986_asakusadori 「今日の昼間の、そこにいたお客さんいるでしょ。おたくが帰ってから、あの人はカメラが好きなんですか、って話になってね。私はカメラキチガイなんです、って言っていたよ。」

Pb209014_tobu_honsya 昼にたまたま寄っただけなのに、妙に充実した会話。おかしな店である。

ここは日本酒が基本らしい。お酒に合うつまみを全部自分で造っているといっていた。

Pb209060_narihirabasi 楽しいよね。好きなことが一緒の、同好の士って云うのか。

本当に、お酒を飲むのに良いつまみで、

「この店のつまみはよくないね。」と言ってしまった。

Pb209076_narihirabashi_st オヤジさんと、お店の女性は、ちょっと怪訝な顔をしたが、

「お酒が進んでしまう…。」と話し始めたら、奥で何やらニコニコと話をしていた。

日本酒は、みな有名なものばかり。最近は焼酎も置いているらしいが、それも一般的に珍重されているものばかり。

Pb209092_obu_densya オヤジさんも言っていたが、生酒とか、純米酒とか、「美味しいから、あんまり飲めないんだよね。」と。その通りであるが、美味しいお酒を少々…二合程度飲むのがちょうどいいと思う。

Pb209116_asakusa_st 珍しく、大変美味しく、平常心でお酒を飲んでしまった。

「あ~、こういうのが居酒屋というのかな。」

Pb209144_sinnakamise ちょいと高いお酒ばかりになるが、美味しいものはやはりいい。仕事で業平、押上にきたら、時にはここに寄りたいと思うのであった。

|

« 東武鉄道本社…。 | トップページ | PHS水没につき夫婦で高崎へ »

業平橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/32291050

この記事へのトラックバック一覧です: 業平で美味しい一杯。:

« 東武鉄道本社…。 | トップページ | PHS水没につき夫婦で高崎へ »