« IRON CLASSIC'S "VWs BLVD" | トップページ | 晴天の中、宮原へ »

2009年9月 6日 (日)

夕刻の前橋を

P9052611_autumn_skay 昼食を食べに出ようとしたら、家に誰もいなかった。鍵をかけるのも面倒だし、きっとお袋さんはすぐに戻るはずだ。

P9052616_crossing そう思って、二階の部屋に戻り、横になって気が付いたら、午後5時になっていた。二時間も待てば夕飯になるだろうが、お腹が空きすぎている。

しばらく悩んだ末、なんとなく家をでる。夕刻だから、近所の居酒屋もやっているかとも思い、いつもとは違うルートを歩き出す。

P9052621_kura 寝転がっていたときも思ったが、空気が完全に秋である。なんだか思い出せないが、とても懐かしい香りがしている。

今朝、かみさんに「金木犀の香り?」と言われたが、そうではない。金木犀が咲く前の時期の香りである。

P9052632_sunset 日暮れも近いのに、青空には秋の雲。ついつい写真を撮りながら歩き出す。

八幡様の手前の角のところには、床屋のおやじさんが杖をついて立っていた。

「こんにちは。」と声を掛ける。

「誰かと思ったら…。あれが孫なんだよ。サッカーをしているのが。」

と八幡様の境内を見つめていた。

「まだ明るいけど、もうすぐ暗くなりますね。」と会話をしていると、おばさんも出てきたので、挨拶をして歩き出す。

P9052640_yaoya たばこ屋の角に来て西の空を見ると、太陽はもう沈みそうになっていた。伊勢屋食堂でラーメンでも食べたいと思っていたのだが、開いていない。

土曜の夜はやっていないのだろうか。

しかたなしに、何を食べようかとまた歩き出す。

P9052645_hodokyo 国道50号の歩道橋に登って空を見ていて、いつもと違う景色が目に入ってきた。新しい居酒屋だった。

「生ビール280円」

「生ビール飲み放題500円(60分)」

とある。

つまみも全部280円らしいし、そこで夕飯とした。

|

« IRON CLASSIC'S "VWs BLVD" | トップページ | 晴天の中、宮原へ »

前橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/31250689

この記事へのトラックバック一覧です: 夕刻の前橋を:

« IRON CLASSIC'S "VWs BLVD" | トップページ | 晴天の中、宮原へ »