« 晴天の中、宮原へ | トップページ | 秋晴れの根利で »

2009年9月12日 (土)

ぶらり北本、吹上を

P9123440_nobara さて、一昨日は宮原に行った私は、本日は北本で下車した。宮原もそうだったが、北本も駅前通は消失していた。

P9123442_kusuri 午後2時過ぎ、ランチには少し遅かったのか。

いやいや食堂らしいものが見当たらない。

P9123446_kusuri 駅前通りには喫茶店とクスリ屋が残るのみで、殆どが建て変わってしまっている。

喫茶店は魅力的だったが、食堂が無いかとクスリ屋の前にいたおばちゃんに尋ねてみる。

P9123448_coffee 「そこを左に入ると1軒あるよ。今日はやってないかな。」

「あとは、中仙道を左に行くとね、向こっかわだよ。そうするとね、美味しいパスタ屋さんがあるよ。そりゃ美味しいよ。」

「美味しいですか!」

「そりゃ、美味しいよ!!」

はじめの食堂は準備中で、気になる喫茶店は「食事はないんですよ。」と。最後に、そりゃ美味しいパスタ屋んは、CLOSED。

P9123489_kura そして230円を出して、吹上までの切符を買ったのだった。

吹上も、いや、吹上こそ駅前通りが、向うの方まで綺麗に整備されていた。

P9123494_motoarakawa とりあえず駅前通りを行く。元荒川の少し手前に「かけはし やきそば」の看板。もう、午後3時になってしまった。しかたなしにここに寄る。

「かけはしやきそば500円」は、肉入りで目玉焼きが載っている。それをつまみにビールを飲む。

若い店主は、この道が綺麗になったのは1、2年という。写真を撮るなら、この先の川に桜が植えてあって、春はとても綺麗だとも言っていた。

P9123506_izakaya 店を出ると、すぐ向かいの空地の先に石造りの立派な蔵が見えた。

「あの辺りの裏通りを行ってみようか。」

P9123514_uradori 元荒川まで行き、振り返ると先ほどの蔵のある敷地に沿って細い通りがあり、商店や居酒屋が何軒か並んでいる。駅前通りは姿を変えてしまったが、裏通りは昔の風情を残している。

P9123528_machiya 間もなく出た通りは、古い商店が随分と残っている。半分ぐらいはもう閉めてしまったいるが、これが中山道だろう。

北本では、中仙道が拡幅されて殺風景になっていたが、ここは宿場の繁栄の面影を残す。

P9123530_roji それにしても、高崎線沿線の駅前は、どこも同じになろうとしている。駅は橋上駅となり、綺麗なロータリーと、ちよっとした駅ビルや駅内にはファスト・フードの店。

P9123544_old_house 仕事が終わって帰ってきて、「駅前で軽く一杯」というのも贅沢な世の中になったのだろうか。

P9123549_entotsu 道路が綺麗に整備されて、店舗が新しくなって、お客さんが増えて、売上げが伸びればよいが、今やほとんど商店がなくなった駅前通りでは、全く期待は出来ない。

P9123570_kori 高度成長期は、どんどん設備や建物を新しくし、大きくしても、所得が伸びていく時代だったから、とても効果的だった。

しかし、今の時代に再開発でお金を使うというのはどうなのだろうか考えてしまう。

P9123625_rojikara_ishida 古い商店で頑張って商売をしているところが目に付く。余分なものにはお金をかけずに、商売に専念すれば、なんとか余生を送っていけるのだろう。

P9123641_isida_to_nagaya それはともかく、こんな古い感じの商店て良くないですか。私は普段浅草にいるが、早く浅草に帰れば、古い商店を覗いて、時には買い物をすることもある。

おじちゃんや、おばちゃんに、どんな品物が良いのか、悪いのか訊いてみたり、昔話もしてくれる。

人生の大先輩のお話は、どんな話であっても、勉強になるものである。そんな商店街がいいよね。

|

« 晴天の中、宮原へ | トップページ | 秋晴れの根利で »

旅行・地域」カテゴリの記事

高崎線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/31347957

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり北本、吹上を:

« 晴天の中、宮原へ | トップページ | 秋晴れの根利で »