« いつもの岡山、いつものワーゲン | トップページ | 幸せな夏のツーリング »

2009年8月 9日 (日)

Super beetle? 74?

P8080030_hirosegawa 「スーパビートル? セブティフォー?」

「イェース! セベンティトゥリー!!」

P8080035_hirosegawa 前橋で懇談会があり、夕方次男のビートルに乗せてもらって出掛けた。八幡様は町内の夏祭りをしていて、その先の伊勢屋さんへ入るところの角で、外国の人が我が家のビートルを見て喜んでいる。

P8080039_tatekawacho 手を振るとちょうと信号待ちとなり、その彼は追いかけてきて、「74年モデルのスーパー・ビートルか?」と聞いてきたわけだ。私は「73年」と応えると、信号は青になりビートルは走り始めた。

P8080043_hankagai 夕刻からの懇談会だから、ビールも頂いて、雨も上がっているので歩いて帰る。夕方に会った彼のことが忘れられずに、そちら方向へ歩く。

立川町通りで、近所の居酒屋のママだろう。「今日は、花火大会だけど、雨だから、飲んで行きなさい」的に声を掛けられる。

P8080051_budwiser 「おばちゃん、雨なんか降ってないよ」と立川町通りのアーケードを出ると、ポツリ、ポツリと降ってきた。ビートルで迎えに来てもらうか、このまま歩くか悩みつつも、足早に建物寄りを歩いて、彼がいた辺りまで近付いた。

P8080052_english_salon 彼がいたところは英会話サロンで、カウンターの向うに彼の姿が見えた。何屋だかも分からないが、雨も強くなり、何も考えがえずに、店に飛び込み、カウンターの彼の正目に腰掛けて、覚えているか声を掛けた。

P8080053_guitor 彼はやはり覚えていてくれた。カナダ人のパットは、カナダにいた時に4台のボルクスワーゲンをを乗り継いだと話してくれた。

ところで、この店は不思議な空間だった。パットは勿論、殆ど日本語を話さず、お客さん二人も英語しか話さない。会員制の気楽な英会話教室のようだ。

P8080054_cocktail 少しすると、「二階で飲みましょう」となった。遅い時間になると、サロンを閉めて、二階のバーを開くようだ。こちらも、下の会員も多いらしいが、外国人のお客さんの多い店とのこと。パットの奥さんは日本人で、しばらくは彼女と話をしていた。

花火大会も一段落したのだろうか、日本人の客が数人やって来て、最後には外国人のお客さんもやって来て、日本人の英語と、外国人の妙に上手い日本語が、飛び交う店となった。

なかなか不思議で、素敵なお店だった。

|

« いつもの岡山、いつものワーゲン | トップページ | 幸せな夏のツーリング »

ワーゲン」カテゴリの記事

前橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/30889502

この記事へのトラックバック一覧です: Super beetle? 74?:

« いつもの岡山、いつものワーゲン | トップページ | 幸せな夏のツーリング »