« 大崎から三田まで | トップページ | 百反通り »

2009年8月25日 (火)

根利の1/1鉄道趣味

P8220067_accelerator_lever 月一回の、鉄道との戯れの日。今回8月23日は、えりこさんも休みだったため、夫婦で行って来た。

P8220096_working 珍しく、作業をする私の写真。真ん中である。午前中は、楽しそうな作業があり、私はそれに没頭し、写真はえりこさんにお任せしたからだ。

P8220110_working 「こんなのを見ていて、よく飽きないな~」などと誰かに話しかけられたようだが、女性であり、全く興味を持っていなかったものでも、みんながしている作業を見て、分からないなりにも、感心したとか。

P8220131_coupler まあ、私たちも興味はありながらも、本物の鉄道に関ったことがないのであるから、初めのうちは、いったいどうなるのか分からなかったというのが本音である。

P8220149_under_paint それでも、活動を続けて4年目であるから、少しずつ経験をして、知識もつき、なんだか本格的な雰囲気も醸し出している。作業着やヘルメットに年季が入ってきたということもあろう。

P8220221_petit_tomato とにかく、この飾られているだけの機関車や車両たちをどうにかしたい。出来れば走らせたい。そんな気持ちだけでやって来たが、そんな気持ち、情熱があれば、どうにかなるものである。

P8220263_railroad_wheels まあ、情熱だけでも無知では何もならなかった、いや、ダメにしていたかと思うが、ある程度の年齢の集団。今までの仕事や趣味の経験が生きている。

P8220272_radiator 小さいとはいえ、何トンもある鉄の塊が走るのである。いったいどんな仕組みなのか。走る姿からは、具体的には良く分からない。それでも、分かるところから少しずつ手をつけて修復していく。

P8230443_dump そんな、じれったくなるような小さなことの積み重ねが、4年を経て形になって来たように感じる。とにかく、皆で力を出し合って、皆で知恵を出し合って、みんなの協力で、車両たちはよみがえりつつある。

P8230524_design 「ここの部品が磨耗して、ガタが出ている。どうしようか。」

すると、そんなことに興味のある人が集まってきて、それぞれが様々な観点からアイデアを出す。

P8230563_mecha なかなか素晴らしい結論が出てきて、気持ちの良い、幸せを感じる時である。

P8230641_side_view 休憩がてら、皆の作業の様子を眺めたり、仕上がった部分を眺めるのも心地よい。

P8230680_log_car なんか、皆、真面目で人がいいんだよね。

P8230877_whitcom_and_locos 一日の作業が一段落する頃、トイレに行くと、えりこさんが日陰で、うとうとしていた。そうそう、根利という場所は、だだ、うとうとするだけでも十分に素敵な場所。

そこで仲間と一緒に遊べるのだから。皆の大好きな鉄道と戯れて。

それも、1/80や1/150の模型ではなくて、1/1の本物なのだから。

いい遊びを見つけたものだ。そうか、昔の子供達は自分達で遊びを作ったと言われるが、そんな昔の子供達の集まりだからな。

|

« 大崎から三田まで | トップページ | 百反通り »

トロッコ」カテゴリの記事

群馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/31093000

この記事へのトラックバック一覧です: 根利の1/1鉄道趣味:

« 大崎から三田まで | トップページ | 百反通り »