« '65 1200で塩尻へ | トップページ | チロルの森のワーゲンたち »

2009年7月22日 (水)

第二回 押上分科会

P7210116_turkish_beer 二ヶ月の間をおいて、第二回になる、押上の仕事仲間の飲み会を西浅草二丁目で開催した。仲間といっても、会社はバラバラ。たまたま仕事で一緒になった、気の合う仲間である。

P7210118_zangai 一次会は「よってん家」。関西出身のマスターの店。そんなわけで「串カツ」が売りである。

店に着くと、一人が既に飲んでいた。なんでも客先の都合で、早く終わってしまったらしい。

私は、逆に明日の準備で終われ、遅刻をするかと思ったが、ほぼ定時。そして、「やりましょう」と言った張本人が、一時間遅れ。

そんなわけで、その時点で、一番に来た人間は、既に酔っ払っている状況。ん~素晴らしい。

P7210133_okyakusan 二次会は、すぐ裏の「TOKIO」という店。まあ、ここが目的なのであるが、なんでも私の「娘さんに会いに行こう」という企画だったらしい。

実際、男と女というよりは、親子といったほうが良いお付き合いの女の子がいる。

P7210135_wisky 私の娘ということだけのことはあり、この店で一番若くて、顔立ちが良いのではないかと思う。そして、いつも彼女が仕切って、指名料もちゃっかり付いている。

娘はしきりに「あなた、二ヶ月振りね。」て言っていたが、毎日行きつけの店に順番に寄っていたら、二ヶ月ぐらいはかかるのである。(大嘘

P7210151_potato しかし、気の合う仲間と飲むのは楽しいことである。こんな店に来ると、三人三様なのであるが、何だか気が合う。お互いに、お互いのことを理解しているから、勝手にしていても、別に良いのだろう。

P7210152_musume 今宵は、私の娘とはいえないほど年齢の近い女性が、娘とは反対隣に座った。なんだか真面目な人で、「日本経済は、良くなるのか。」などと聞いてくるので、「今の状態では良くならない…」と、普通の女性なら嫌になるほど、しつこく話をしたのだが、それを真面目に聞いて、また問いかけてくる。

P7210159_kiss かたやお姉さんにキスをしているかと思えば、かたや変な顔をして、カラオケを熱唱する。

そんな中で、私は日本経済の話を楽しくしている。なかなか真面目でよい感じただが、やはり夜の仕事は昼間の仕事よりも嫌らしい。毎晩、「お店に足が向かない」と話していた。

そして「私はお客さんがいないの。」とも。これだけ真面目だと、普通の人は嫌になるのだと思う。私は、真面目な人のほうがいいのだが。

P7210163_okaikei_2 お会計は、28.900円。三人で、二時間5,000円だから、13,900円ほど、彼女達に飲ませたりしたことになる。

計算すると大体30,000円ではあるが不に落ちないのは、端数である。どれも単価が1,000円単位なのに…。

P7210170_drunken_man 一人はエレベータの中でも、そしてエレベータを出るときもキスをしていた。余程合うのだろう。こんなことに一所懸命になって、ダメ人間にならなければ良いのだが。

きっと彼は、明日の朝、いつものように「もう行かない。」と反省するのであろう。

P7210173_tokio 「また、来月お願いします。」とまだましな方の酔っ払いが、早い時間から飲んで完全に出来上がった酔っ払いを連れて帰っていく。

なんとほほえましい。

「さあて、帰るぞ。」と交差点に立って、呼び込みをしているどこかの店のお姉さんに声を掛けて二人とは反対に歩き出す。お姉さんは、キョトンとしている。

だけど、楽しいんだよね。楽しかった。人間の暮らしには、こんなことも必要なんだと思う。出来れば、もっとお金を掛けずに、こんな楽しい時を過ごせれば良いのだけれど…。

|

« '65 1200で塩尻へ | トップページ | チロルの森のワーゲンたち »

西浅草」カテゴリの記事

コメント

こんばんは! お久しぶりです。楽しい飲み会の雰囲気が伝わってくるようで羨ましいです。
フリードリンク制で2時間5000円と言うのは、安い方ではないですか?最終的には倍額になってしまったようですけど!
一万円札の福沢諭吉の目を黒塗りにしてあるのは、いかにも あつしさんらしく茶目っ気があって、意味が分からないまま、ニヤッ としていまいました。
お元気でお仕事に邁進してくださいますように、そして押上でタイミング良く遭遇できることを願いつつ。

投稿: 押上 | 2009年7月22日 (水) 21時39分

> いかにも あつしさんらしく

あはは、気付いてくれて、ありがとうございます。
次の押上での仕事は、11月ぐらいになりそうですね。

娘の指名料が2,000円で、もう一人娘の友達が来て飲むから、ドリンク1,000円X2杯で、
カラオケが200円x5曲で、一人で行っても、すぐに10,000円になってしまうのです。
そう考えると、上野で7,000円で飲み放題、カラオケ歌いたい放題は安いのですよ。
この一年で、上野、湯島辺りは安くなっております。
一年前は一時間1万が普通でしたが、いつの間にか一時間5千円になり、「最後までいて4,000円」という声も聞きます。
日本の景気がこんなところにも現れていると思いませんか。

投稿: あつし | 2009年7月23日 (木) 09時40分

目に黒線はバカ受けです^^/
偽札?

ハメを外してないなあ...

投稿: 野宿屋ノブ | 2009年8月16日 (日) 22時28分

ハメを外した時は、プログに書けませんです。

投稿: あつし | 2009年8月16日 (日) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/30644884

この記事へのトラックバック一覧です: 第二回 押上分科会:

« '65 1200で塩尻へ | トップページ | チロルの森のワーゲンたち »