« 久しぶりの東京スカイツリー | トップページ | リアル・ギター »

2009年7月 7日 (火)

七夕の夜

P7070009_nichibotsu 昨日は、客先から直帰して少し早かった分、本日は夜7時近くまで仕事をした。それでも、まだ外は日が残っているのだから、妙に嬉しい。

P7070010_tasogare 嬉しい理由はもうひとつあったか。今週は、急遽入った仕事がふたつあったこと。定時で帰るのは構わないが、少し忙しいぐらいがちょうど良い。定時で終わるように段取りをして、てきぱきと片付けるのが心地よい。

P7070015_okachimachi 小伝馬町から歩いて、御徒町に付く頃には、夜になっていた。

「なんで、また司馬に行かなくては行けないのだろう。」と本心思うが、そこにいる常連と楽しく話をしたい気持ちがあって、ついつい向かってしまう。

P7070025_fufu 風があって意外と涼しいと思っていたが、さすがに40分歩くと、暑い。汗が出てくる。

「もう少しだから、頑張ろう。」そんな気持ちで店に着くと戸が閉められている。

「クーラーが効いている。」そう思うと、ほっとしたが、店を覗くと、随分と客がいる。

P7070037_sitayajinjya 覗き込んで、左右を良く見てから戸を開ける。カウンターしかない細長い店だから、向こうから入るか、こっちから入るか、お客さんの様子を見てから、適当な戸を開けて入るのが大人というものだ。

P7070042_inarichou 時間も早くなく、遅くなく、ある面中途半端ではあるが、早い時間に飲む人と、遅くまで飲む人が混在していた。戸を開けると、最近常連の仲間入りした女性が、

「のぶさん!」と席をずらして、「ここに座りなさい。」といわんばかりに空けてくれた。

P7070047_suiundo そんな感じだけで良いのである。そしていつもの顔ぶれと飲んで話をするだけで、落ち着くのである。

まあ、自宅に帰って家族と話をするかと同じようなのが良いのかもしれない。

今日あったことを話して、国会議員のことを愚痴り、日本だけではなくアメリカ経済もぼろぼろだと偉そうに言う。

P7070066_higashihonganji そんな話をしても許してくれる人間と一緒にいられる。それがいいのだと思う。

だから、時には「私の話を聞きなさいよ。」と愚痴られて、おとなしくしているのも微笑ましい。

全国的に七夕の夜。月明かりが細切れの雲達を白く照らし出していたのが美しかった。もちろん東京だから、天の川なんてはなから期待はしていないが、良い晩だった。

|

« 久しぶりの東京スカイツリー | トップページ | リアル・ギター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/30452951

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕の夜:

« 久しぶりの東京スカイツリー | トップページ | リアル・ギター »