« 上毛電鉄 膳駅のあじさい | トップページ | 鳥越祭り、鳥越の鈴木酒場 »

2009年5月31日 (日)

6月7日は熱塩温泉郷ワーゲンの集い

1974080708_1000_c1163 昭和49年8月7日。夕方の日中線熱塩駅を発車するC1163。あれから35年経ったのだ。ディーゼルになってからも毎年のように訪れて、日中線に乗ったのだが、今となれば、わずかな期間だった。

1974080708_1002_shadome 列車の行った後の日中線の終点の車止め。SLブームで多くの人は乗って来た列車でまた喜多方に戻って行ったが、地元のお客さんは、線路伝いに歩くようにして帰って行った。

草に埋もれるような線路。線路を歩いてもなんのおとがめもなく、のどかな時代、のどかなところだった。

2006_p6040080_vws_2 昭和59年に廃線。その後、「日中線記念館」となった熱塩駅にも毎年の様に立ち寄った。しかし、訪れる人は少なく、展示された車両の塗装もみすぼらしくなっていた。

2007_p6030110_fromhome そんなあるとき、ネットを通じて熱塩加納村役場の方と知り合うこととなる。毎日通学で利用していたという彼は年齢的にも近く、熱塩温泉のホテル山形屋で軽く飲むこととした。

2008_atsushioeki_p6080546 お互いの思い出話を語り合い、このまま朽ちて行きそうな熱塩駅を「どうにかしてやりたい。」と熱く語りあった。

そして、ある日彼から連絡があった。熱塩加納村で開催している「ひめさゆり祭り」の一環として、ワーゲンの集いを開催することに。

20060604_r00_24o_karmannghia 廃止間近の草生した日中線熱塩駅の様に草生していた「日中線」記念館も、ワーゲンの集まりのために草が刈られた。

20060604_r03_20u_72vw1302s そして、「熱塩温泉郷ワーゲンの集い」は今回で7回目となる。早いものである。

ワーゲンで集まる熱塩駅は、あの時よりも少し賑やかだが、熱塩の長閑なしころは変わらない。

20080608_r_31_bugs 緑の中にワーゲンを並べ、仲間と語り、観光で訪れた方々と語る。

線路がまだあった頃、空冷ワーゲンもまだまだ普通に走っていた頃を思い出すかのように。

1974__20_c1163_2 ひめさゆりも美しい時期です。ひめさゆりの群生地は、隣の駅「加納駅」跡から少し行ったところ。昔、加納鉱山のあった近く。

6月7日は、旧熱塩駅「日中線記念館」にも、是非お立ち寄り下さい。

|

« 上毛電鉄 膳駅のあじさい | トップページ | 鳥越祭り、鳥越の鈴木酒場 »

ワーゲン」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/29884628

この記事へのトラックバック一覧です: 6月7日は熱塩温泉郷ワーゲンの集い:

» 安曇野旧国鉄篠ノ井線廃線敷ウォーク -旧国鉄の廃線跡が歩けます- [信州に移住した人生-長野の田舎暮らしと自然の風景-]
[続きを読む]

受信: 2009年6月 1日 (月) 17時48分

« 上毛電鉄 膳駅のあじさい | トップページ | 鳥越祭り、鳥越の鈴木酒場 »