« 業平からスカイツリーを | トップページ | ワーゲン仲間で軽井沢そして酒造 »

2009年4月18日 (土)

砂利採り線に思いを馳せて

P4180049_65_and_kato_rear_3 昼前に'69ビートルを洗って、午後は'65を洗おうと思っていたら、'69を半分ほど洗ったところで、知人から電話があった。

「エンジンが掛かったよ。」

P4180052_katoworks_side 「じゃあ、これを洗い終わったらすぐに行きます。」

急いで洗車をして、ワックスを掛けて、昼食も摂らずに'65を走らせる。

P4180068_katoworks そう、エンジンが掛かったのは、写真の通りの小さな機関車。利根川の砂利採りで使われていたものだ。昭和20年代、この手の機関車としても古い方かも知れない。

P4180076_kato_and_65 しばらく写真を撮りながら話をして、エンジンを掛けていただく。排気管には消音器が付かないので、かなり勇ましい音がする。2、3メートル前後に走らせ、エンジンを切る。

春の心地よい気候の中、しばし、機関車を眺めて話をする。

「この機関車が砂利採りをしていた時の写真がないかなと思ってね。」と知人。

P4180091_kato_cab 昭和30年代まで、各地で川砂利を採取していたが、このような小さな機関車が10両ぐらいのトロッコを従えて砂利を運んでいた。

「ダンプカーが出てくるまでは、みんなトロッコだったんだよね。」

「人手で積み込んで、人手で積み替えて、それでも良かったんだよね。国鉄だって、日通や浅香倉庫の人が貨車を押して入れ替えていたからね。」

P4180175_65_and_kato 運転席は、無骨そのもの「男の仕事場」だ。こんな機関車が、埃っぽい白い川原で砂利を運んでいた。

当時の人は今以上に肉体を使って働いていただろうが、想像する光景は長閑である。

毎日身体を使って、大変だったようにも思うが、日が暮れれば仕事は終わりだろうし、きっとご飯も美味しかったに違いない。

今よりも、よっぽど人間らしい生活をしていたのではないだろうかと、私はあこがれもある。適度に身体を動かして、太陽の光を浴びて。でも、今日も機関車組立ての手伝いなどをする場面もあったが、私は記録係が担当のようだ。本当は身体を動かして機関車に関りたいが、誰かが写真を撮っておかなければいけないし、みんなも私が撮っておいてくれるだろうという感じだ。そんな記録はそう遠くないうちに、どこかで公開したいと思う。

|

« 業平からスカイツリーを | トップページ | ワーゲン仲間で軽井沢そして酒造 »

トロッコ」カテゴリの記事

ワーゲン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/29179624

この記事へのトラックバック一覧です: 砂利採り線に思いを馳せて:

« 業平からスカイツリーを | トップページ | ワーゲン仲間で軽井沢そして酒造 »