« 1969 VW Beetle | トップページ | 朝日と深緑と、新と旧 »

2009年4月24日 (金)

小伝馬町から馬喰横山

P4150025_irumando 上野から日比谷線でやって来て、小伝馬町で降りて階段を上ると「イルマン堂」という写真屋さんが見える。ビルに挟まれた小さな古ぼけた写真屋だ。以前はフィルムカメラを持ち歩いていたので、一度だけフィルムを買おうと寄ったことがある。

P4150033_yamamurasyoten しかし、店に入ったものの誰も出て来なくて、何度か声を掛けてしばらくいたのではあるが。並んでいる商品は、いつから並んでいるのか分からない、使い捨てカメラやフィルム。欲しいフィルムは見えたものの、箱の色あせ方で、そのまま店を出た。

郵便局の脇の通りには、自販機だけが並ぶ、商店がある。夜になって通ると大音量でテレビの音が聞こえてくる。いつもは扉は閉じたままだが、数日前に通ると戸が開いていた。表ではスーツを来た人が、店先からクルマの所へ歩きながらケイタイをしていた。不動産屋だろうか。

P4150049_oldoffice 「華の舞」の入っている大きなビルの向こうにも、古い事務所らしい建物がある。看板は上げていないが、こちらは今でも仕事をしているようである。

P4150054_roji01 その事務所の裏辺りに、細い路地がずっと続いている。新しいビルの間も細い小路が伸びているが、飲食店がびっちりと並んでいる所がある。

P4150056_roji02 古ぼけた店が並ぶ通りだが、昼時になれば、スーツを着た男性も女性も、多くの近所で働く人たちが、店先に行列を作る。いつなくなってもおかしくない一角だが、その見た目とは裏腹に、この昼の光景を見ると、いつまでも残っていて欲しいと思う。

P4150059_gomeigaisya その一本向こうの通りにも、行列が出来ている店がある。その斜向かいぐらいに、古いがなかなか洒落た造りの小さなビルがある。真新しい看板に見えるが、そこには「合資会社」と書かれている。今はあまり聞かなくなった会社組織である。

P4150069_sugitaya その先、押上の客先に行く時に利用する東日本橋駅の手前にも、「杉田屋」という古い店がある。シャッターが閉まっているから今はもうやっていないのかも知れないが、こちらも良い造りである。

P4150075_bakuroyokoyama 新宿線の罵喰横山、浅草線の東日本橋の駅の入口の角の小さなビルも好きである。

仕事でただ行き来するだけのところではあるが、時には昔の東京が残っているのが、目に入ってくる。ただ仕事で通るだけであれば、何の変哲もないのであるが、ちょっと興味を持って歩いてみると、なかなかよろしいところだ。

仕事で歩いているだけなのではあるが、時には遊びで散策しているような感じにしてくれる。特に最近の私は、デジカメを持って歩いているので、そんな懐かしい景色が目に止まる。仕事をサボっているわけではないのではあるが、ちょっとした気の持ちようで、日々が楽しくなるものだと、最近は実感している。

さて、明日も午後は押上。楽しい景色が待っている。

|

« 1969 VW Beetle | トップページ | 朝日と深緑と、新と旧 »

昭和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/29261129

この記事へのトラックバック一覧です: 小伝馬町から馬喰横山:

« 1969 VW Beetle | トップページ | 朝日と深緑と、新と旧 »