« 群馬=滋賀 約1,000km | トップページ | 女の子とマンションへ »

2009年4月 8日 (水)

近江鉄道、鳥居本の駅

P4050051_oumitetsudo_2  いやいや、滋賀から帰ってから仕事がちとキツイ。これを書いたら、マンションで仕事の確認の予定。ところで「鳥居本駅」の話。良い駅である。

P4050045_toriimotostation_2 もう何年か前のになるが、国道8号を走っていて見かけた駅。ここは通過点であるから、なかなか寄れなかったが、昨年の春に寄ってみた。

この洋風の造りが私にはしっくり来る。昭和6年の開業時のものというから、昭和の初期は豊かで優雅な時代だったと思う。

P4050046_torimoto_ekimae 私の両親は共に昭和3年生まれで、母親が洋裁をしており、父親は小さい頃にギターを習っていたと言う。そんな時代だったのだと実感させる建物である。

そして、駅前の信号に立てば、古い立派な建物が数軒残っているのが見える。

P4050047_trolley_2 駅構内もよい。貨物の側線の線路が今も残り、何気なく置かれた「トローリー」などと呼ばれる足こぎのトロッコがこれまたよい。

近年、電車や鉄道のシステムは、信楽鉄道や、京福電鉄の事故などもあり近代化が進んでいるが、今でも2両編成で走ってくるのがよい。

P4050063_torimotomorning 日曜日ではあったが、朝早かったから、スーツを着た通勤客が二人ほど、発車時刻間際にやって来て乗り込んでいった。

この近江鉄道というのもよい。歴史のある町を今でも結んでいる。既に廃線になっていてもおかしくないような感じだが、頑張っているのは、それだけ地域に密着しているからであろう。

P4050058_pointsignal 車で走っていれば、ただ通りすぎてしまう町、駅であるが、立ち寄ってみれば良いところが見えてくる。まだまだ日本にはこのような良い所が残っている。

私の滋賀行きは、寄り道の旅であったが、まだまだ寄り道が足りないと思うと、ちょっとした焦りのようなものと、胸の苦しさを感じるのである。

|

« 群馬=滋賀 約1,000km | トップページ | 女の子とマンションへ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
上から、三枚目(自分の事ではあ・り・ま・せ^^ん!) の写真はいいですね。
洋風な館も素敵ですが、手前の民家の二階部分は最高ですね!
そして一番下の写真の左端に見える「危険、深い溝あり」の真新しい看板は、最近この辺りで事故でもあったのか?
なんて、いろいろ想像を掻き立てられます。
想像力がたくましすぎかな???

投稿: 押上 | 2009年4月 9日 (木) 20時37分

はい。三枚目の信沢あつしが、コメントします。

いいでしょ、駅前の風情。
この現代的な建物との対比で味わいも出てくるのでしょうね。
写真の自転車に乗っているおじさんですが、駅構内に入ってきたので、お互いに「おはようございます。」などと言ったのですが、鉄道関係者かと思っていましたら、線路を渡って、向こうの畑にの所有者のようでした。
でも、良い雰囲気のところです。
良いですね、日本は。

投稿: あつし | 2009年4月10日 (金) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/29029905

この記事へのトラックバック一覧です: 近江鉄道、鳥居本の駅:

« 群馬=滋賀 約1,000km | トップページ | 女の子とマンションへ »