« 鳥越の鈴木酒蔵 | トップページ | 風呂川をたどって »

2009年4月15日 (水)

久しぶりの業平、押上

P4150093 毎日、会社で仕事をしていて飽きてきたところで、グッドタイミングで、お客さんからメールが入った。昨日まではジーンズだったが、今日はスーツで来ていたのだから、すぐにでも伺える。

P4150104 昼休みに浅草線の電車に乗って、少し悩む。押上まで行くべきか、本所吾妻橋で降りるべきか。本所吾妻橋から歩けば、東京スカイツリーの写真も撮れるが時間が掛かる。

P4150108 食事を「押上食堂」食べるのであれば、15分もあれば充分である。そう思うと、本所吾妻橋で降りて、業平橋を渡っていた。3本のクレーンの足が延び、この辺りからも工事現場が良く分かるようになっていた。

P4150122 時間に少し余裕があると思っていたから、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ。

P4150134 まあ、いつもと同じようなコースではあるが。

今日は、好天のせいか、写真を撮っている人が目に付いた。

P4150146 川沿いを行っても何もないので、一本裏道を歩くのがいつものパターンである。裏通りの居酒屋やスナックが並ぶところも、今日は日が当たって、少し恥ずかしそうであった。

P4150179 京成橋の手前で信号を渡り、いつもとは反対側を歩く。ちょっと角度が違うだけで、新鮮に感じるから面白い。

P4150221 少し路地に入ってみたくなっていたが、とりあえず昼食と押上食堂を覗いてみると、満席である。携帯を見れば"13:01"とある。もう昼休みも終わりの時間なのに。

仕方なしに、喫茶店の「しらかば」に行ってみると、こちらも満席である。この一帯は、午後1時過ぎの方が混むのか…などと考えつつ、戻ってみると食堂から一人出てきた。

P4150223 「チャンス!」とばかりに押上食堂に入る。一番隅のカウンターにカバンとカメラを置いて、おかずを取りに行く。

本日は悩んだあげく「ジャガイモの煮転がし」とごはんの「小」、そして「おばちゃん納豆ね。」と。

安いと言うこともあるが、私にとっては、これがちょうど良い量でもあるから、ここで食べられるのはとても嬉しい。

P4150236_2 予想通りに、時間も余って、タバコ屋の角まで行ってみる。すごく角のかっちりとした立派な建物であるが、戦争で焼け、戦後建てなおしたものらしい。物資のない時代、瓦屋だったおじいさんが良い材料と、良い職人を集めて建てたらしい。

P4150331 仕事の方はかんばしくなかったが、天気が良くて、遊ばせてもらった感じだ。

思ったよりも仕事はいやらしいことになっていて、明日も押上に行くこととした。この写真のように、明日ははっきりと、すっきりと仕事も終わらせたいものだ。

|

« 鳥越の鈴木酒蔵 | トップページ | 風呂川をたどって »

大衆食堂」カテゴリの記事

業平橋」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
今朝、自分のブログコメントにも書きましたが、せっかくお誘い頂いたのにすみません。
コメント欄では書きづらい事など、帰宅してからメールします。

昨日は押上だったのですね!
私は昨日午前中、ずっとタワークレーンの積み上げを見ていました。

投稿: 押上 | 2009年4月16日 (木) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/29133762

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの業平、押上:

« 鳥越の鈴木酒蔵 | トップページ | 風呂川をたどって »