« 風呂川をたどって | トップページ | 砂利採り線に思いを馳せて »

2009年4月17日 (金)

業平からスカイツリーを

P4160653_pocho 結局、水、木と二日続けて押上の客先に行くこととなった。木曜日の天気予報は少し涼しくなるような感じだったが、水曜日同様に天気がよくて、汗ばむ天気だった。

P4160665_sinise 昼休み直前にお客さんから電話が入り、昼食をどうしようか考える暇もなく、食べにでる。

「また、押上食堂で食べればいいや。」

と、のんびりと写真を撮って歩く。今日は、浅草通りの向こう側、一本裏の路地を歩いてみる。

P4160678_rojikaratree クレーンが伸びたので、意外と遠くから、スカイツリーがどの辺りか良く分かる。実際にツリーが伸び始めたら、もっともっと遠くまで歩かないといけないかもしれない。

P4160685_tokiwasyokudo 一本裏道には、古い家も目に付き、そんなところからのクレーンの眺めを楽しんでいると、「ときわ」という文字が目に入った。随分と細長い店だと近付いてみたら「ときわ食堂」と書かれている。特に何も考えずに、そのまま戸を開けて中に入った。

P4160692_teisyoku 入口のところの若者は、随分と色々と注文していると思いつつ、壁に貼られた紙が目に入り、そのまま「日替り定食」と頼む。

しばらくして、もう一度見ると、「コロッケとさんま一夜干し 650円」とある。コロッケが出てきて、ご飯と味噌汁。コロッケにはキャベツの千切りとマカロニサラダ、それもリンゴの入ったのが付き、それだけでも650円で十分だ。

P4160696_tokiwa_skytree コロッケを一口かじったところで、サンマが来た。一尾まるまるであった。

「多いね、すごいね、おばちゃん。」と言うと、おばちゃんはニコニコとして、また奥に行き、コンニャクの煮しめたのと、漬物も持ってきた。

ご飯を少なくしてもらっていたし、コロッケもサンマも美味しくて、黙々とたいらげた。

P4160698_tokiwa 食べ終わって、正目に目を向けると東京スカイツリーのパンフレットが貼り付けてあった。スカイツリーに対する期待が大きいのか、工事関係者が良く来ているのか。

P4160703_narihira2chome コロッケも揚げたて、サンマも焼き立てで美味しかったわけだが、その分時間が掛かってしまった。もう客先に戻ることとする。浅草通りにでると、歩道橋があり、その辺りからクレーンが良く見えるので、歩道橋に上がってみた。

P4160710_karaokestudio 次回来た時には、「ここからスカイツリーが覗いていたらどうしよう。」とちよっと心配になる。なかなか来られないだろうから、あまり早く伸びてしまっても困るわけである。

P4160742_tobuhonsya 押上駅の地下道もあるが、近そうで、意外と歩く。雨であれば利用をした方が、濡れなくて良いが、先の踏切まで歩く。東武の新本社ビルは外壁が殆ど貼られてビルらしくなってきた。歩いていたら、スーツを着た集団がやって来た。一番後ろからデジカメを持った人がビルの写真を撮りながらついてくる。みんなにこやかな顔で、ビルに向かっていく。東武鉄道の社員だろうか。あらかた出来上がってきて、内部を視察に来たのだろうか。

新しい本社はスカイツリーより一足先に完成し、旧本社ビルが取壊されるらしい。業平、押上界隈の街並みはあまり変わりそうもないが、スカイツリーの建つ一角。業平橋駅から押上駅は大きく姿が変わることとなる。

|

« 風呂川をたどって | トップページ | 砂利採り線に思いを馳せて »

業平橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/29162148

この記事へのトラックバック一覧です: 業平からスカイツリーを:

« 風呂川をたどって | トップページ | 砂利採り線に思いを馳せて »