« 砂利採り線に思いを馳せて | トップページ | 群馬と滋賀のお酒 »

2009年4月19日 (日)

ワーゲン仲間で軽井沢そして酒造

P4190006_1965_washi 好天の中、ワーゲン仲間で集まって軽井沢に行ってきた。今年で24回を数える「キャルイザワ・キャラバン」の下見のためだ。

http://vwkdf.web.infoseek.co.jp/D20/page11.html

P4190043_r18_nanohana 昨年と同じコースを辿り、軽井沢へ向かう。とにかく天気が良い。後ろから付いてくるカブリオレは、昨年末にドイツから届いたもの。日本で乗っていたものをドイツに送り、カスタムしたもの。ちゃんと改造申請もし、日本のナンバーも再取得。

P4190101_yokokawa_6bugs 横川で1959年モデルと合流し、ビートル5台とバナゴンの6台となる。これだけでもなかなかよろしい。ここで昼食のおそばを食べて、碓氷峠の旧道へ。

P4190128_usuitoge 例年の下見ならまだ桜が残っているのだが、今年は新緑の中のツーリングだ。

P4190188_kyucaluizawa 峠を登れば旧軽井沢。好天で観光客も目に付く中を走り抜ける。ここでなんと一台のビートルが付いてきた。それも知人の。

P4190212_sinanotetsudo 偶然、出会って付いてきたという。再び国道18号に戻ると電車がやって来た。本数が少ないので、走っていて電車と出会うのはとても珍しい。

P4190260_1967_herbie いつもの昼食場所、「軽井沢スケートセンター」に着いて驚いた。温泉以外の施設が、全て閉鎖されていたのだ。今年の4月1日より、「千ケ滝温泉」のみとなってしまったらしい。

レストランもないし、トイレもない。これでは昼食場所には使えない。大ピンチである。

P4190295_skatecenter 更に一人が「トイレに行きたい」となってしまった。そこで、いつもの解散地点である、「浅間火山博物館」を目指す。このぐらいの台数で走ると、そう時間は掛からない。

P4190358_asamasan 例年のコースで、他に良い場所はないか探しながら、国道で博物館を目指す。結局大した施設がないまま到着。今年は、ここで昼食かも知れない。

P4190483_kurabuchi_4vws さて、本日のメインである「牧野酒造」へ向かう。北軽井沢から峠を越えて倉淵町(旧倉渕村)へ出れば、間もなくである。

P4190564_makinosyuzo 昔の大きな宿場だったという所にある牧野酒造は創業1690年というから、300年以上の歴史を持つ。群馬でも最も古い酒造であるらしい。

私の悪友といえる酒飲みが最近気付いて気に入っており、そこで今回のゴールがここになった。

P4190636_1959_kurabuchi 生酒は、冷やしておかなければいけないと、4合ビンの入る保冷バックを持って来ており、そこへ2本ほど入れいた。とにかく冷やしておかなければ、早く家に戻り冷蔵庫に入れなければ。いやいや、早く家に帰って冷えているうちに飲まなければ。

そんなことなのだろうか。帰りは、その彼が先頭に、さっさと走り始めた。6ボルトの1200cc、32馬力とは思えない加速とスピードで走っていく。

お陰で帰りは、超快適クルージンだった。私の1965年1200もかなりのペースで、ついていけたし。とにかく、ワーゲン仲間で皆で走って、日本酒も買って、天気も良くて、最高の一日だった。

さて、本番は5月。それまでにコースやスケジュールをつめなくてはならない。

|

« 砂利採り線に思いを馳せて | トップページ | 群馬と滋賀のお酒 »

ワーゲン」カテゴリの記事

酒蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/29197056

この記事へのトラックバック一覧です: ワーゲン仲間で軽井沢そして酒造:

« 砂利採り線に思いを馳せて | トップページ | 群馬と滋賀のお酒 »