« 朽木でワーゲン・トレッフェン | トップページ | 近江鉄道、鳥居本の駅 »

2009年4月 8日 (水)

群馬=滋賀 約1,000km

P4050005_fujikogawa 先に書いたが、土曜日の10時過ぎに出て、滋賀へ行って来た。一昨年ほどではないものの今年も霧が出て、各務ヶ原のマックに寄っている間に明るくなってきた。

P4050072_oumitetsudo 予定通り走れれば、1時間の余裕がある。そんな気持ちで関ケ原を過ぎて、旧中山道を走る。左に折れていった先は不破関。藤古川には東海道線のアーチが並んだ橋梁がかかる。

旧道を辿ったりしながら、今年も近江鉄道の鳥居本駅にも寄る。洋風の駅舎と、貨物の側線の線路が残るところが、私のお気に入りである。

P4050072_vws_start そんな寄り道をしていたら、集合時間に遅れてしまった。みんなゴメン。遅れたのは結局10分ほどだった。400km以上走っての結果だから、一般的には誤差の範囲かも知れないが、1時間前に着く前提で走っていたので、自分にしても不本意ではあった。

P4050085_vw 私が到着して、本日のコースの説明などがあって、道の駅「びわこ大橋」を出発する。出るとそのまま一直線に途中へ向かう。

P4050182_vw_meeting 鯖街道で2度ほど休憩して、やってきたのは朽木市場の喫茶店「LOFT CAFE」。

本日は、ここでバーベキュウをして、ワーゲン仲間で楽しむ。

P4050283_sunset バーベキューなどなくても良いのではと思うほど、ワーゲンネタで盛り上がる。奥さんや彼女たちが集まり盛り上がっているのも微笑ましい。

「うちの旦那は、ワーゲンのことになると…」と、愚痴だか、自慢だか、旦那からみるとかなりきわどいところで盛り上がっている。

4時頃になってやっと解散。我が家は、皆を見送ってLOFT CAFEで一服してから、今宵の宿の浜大津へ向かう。

P4060370_morning ホテルはいつものブルーレイク。部屋の窓から下を覗けば、真下を京阪電車が走るという、恵まれてた環境である。

翌日は、朝食を食べると、チェックアウトしビートルに荷物を放り込み、カメラバックを持って、浜大津の町をあるく。

P4060480_keihandensya_2 電車の写真を撮りつつ歩いて浜大津の町を散策する。この一番の目的は「酒造」である。

しかし、歩いていても酒造が見当たらないので、地元の人に話をすると、「今は自分の所で作っているか知らないけれど…」と場所を教えてくれた。

P4060676_hiraisyuzo 行ってみると「こんな所に!」といったところだが、現役の酒造だった。

酒造のご主人は、

「町屋造りだから、細長くて外からみえない。」という。それでもその周囲を一回りしてみたが、やはり他の家に囲まれていて、殆ど見えない。

それで、ご主人が蔵の中を案内してくれた。

P4060821_kozoku そのご主人から、琵琶湖大橋の手前、温泉の先に酒造があることを教えてもらい、そこを目指す。すると、古くて、道路は狭いものの立派な町だった。

「"コゾク"といって、海賊に対して、湖だから"湖賊"だったから、豊かだった」などと説明していただいた。

P4060884_kawamurasaketen 湖賊の集落「堅田」をでると、琵琶湖大橋を渡ったところで昼食とする。

いろいろと寄り道をしてしまったが、県道2号沿いの酒造を探し、近江八幡でも酒造を探し、帰りは随分と遅くなった。

それでも、折角来たのだからという気持ちもあり、また、えりこさんも「早く帰ろう」と言うこともなく、のんびり、のんびり。勝手気ままな、お気楽なドライブとなったのであった。

|

« 朽木でワーゲン・トレッフェン | トップページ | 近江鉄道、鳥居本の駅 »

ワーゲン」カテゴリの記事

酒蔵」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
あちこち行くのは、全部ワーゲンで行くのですか?
いろんな所へ車で行くのは、自分の夢なんですけど、いまどき運転免許を持っていない人なので・・・
運転手付自家用車を持つほど裕福ではないし・・・
きれいな桜と一緒に写っているトンネルみたいなのは、鉄道のトンネルですか?それとも、貯蔵庫のようなものですかね。

投稿: 黒鍵 | 2009年4月 8日 (水) 20時46分

ようこそ。
普段の仕事で東京に出る時は電車です。
東京の写真は、電車と徒歩ということですね。だいたい。
休みの日の近所に行く時も徒歩主体で、上手くいけば電車利用。
休みの日に、遠くへ行く時はワーゲンですね。

二十歳の時に買って、ずっと'69モデルのビートルです。基本は…。
夫婦で乗りますので、違うワーゲンがある時もありました。
でも、いずれにせよ、古い空冷のワーゲンです。

車に乗られないので分からないと思いますが、
ワーゲンと言いますか、外国車、特にヨーロッパ車は疲れないです。
長時間乗っていれば、「眠い」ということはありますが、肉体的には特に疲れない。
腰が痛くなることなど、殆どありませんです。はい。

燃費も良いですし、古い割りには排ガスもクリーン。
なにより、車を買い替えないのが一番のエコと思っております。

あっトンネルみたいの…私も何だろうと思いましたが、東海道線の橋梁でした。
いいですよね。鉄道も古い物は長持ちするのでしょうかね。

投稿: あつし | 2009年4月 8日 (水) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/29017112

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬=滋賀 約1,000km:

« 朽木でワーゲン・トレッフェン | トップページ | 近江鉄道、鳥居本の駅 »