« '69 シフトロッドは大丈夫…つまり | トップページ | やはり雪でした。 »

2009年2月21日 (土)

2月の前橋 枯れた町

P2211338_coalshop 昨日は、群馬で仕事だったが朝起きたら雪。昼前には天気は回復し、本日は快晴。昼前に、医者に行こうと玄関を出ると、月刊「とれいん」の最新号が届いていた。

P2211344_oldwall それを持って医者に行き、検査のあと先生と看護婦さんに自分の記事を自慢する。そして、天気の良さもあって、フジ模型まで歩き、今度は模型屋のおばさんにも自慢する。

P2211351_gardentree 雑誌の編集から「フジ模型に取材で行きます」と数日前に電話があったので、それも思い出して寄ってみた。この店が出来たときから行っているから、もう40年以上という計算になる。

P2211373_toden ここ3、4年は、年に2度ほど立ち寄るようになったが、町内会でもあるし、ついつい話が長くなってしまう。本当は病院から帰ったら、地図をプリントアウトして上電で柳澤酒造に行くつもりだったのだが。

P2211382_route50and17 とりあえず、一旦家に戻り、地図を出して、デジカメのレンズと予備のデジカメをカバンに入れて再出発。「まずは昼食」と、食堂「ゑびす」へ向かう。

P2211385_oldandnew 国道50号と17号が交差する四つ角へ行くと、西側は建物が解体され、東側は工事が始まったようだった。

その先の「金垣洋服店」には、「管理者」と大きく書かれた貼り紙が寂しい。

P2211396_ebisu 午後1時を回ってしまい、「もう暖簾を下げてしまったか」と、ゑびすに行くと、案の定閉まっていた。しかし、中には話をしているような、おばちゃんとお客さんらしい姿が。

P2211401_declineebisu ちよっと寄らせてもらって、雑誌の記事を自慢する。そのあと昼食は「隣で食べるね」と、路地を入った「あるふ」とかいう喫茶店へ。珍しく、カウンターに2人のお客さんがいて、そのうちに話で盛り上がってしまった。

P2211413_hodokyo お客さんは帰ったと思ったら、交代するように他のお客さんもやって来て、「本当は、日本酒を買いに行くつもりだったのだけど」と言いつつ、3時近くまで駄弁ってしまった。

それでも、地元前橋の人たちと話をするのは、とても楽しい。

P2211416_yaoya 強風の吹き荒れる国道17号を渡り、風を避けて中央通りアーケードへ。珍しく食堂の「パーラー・モモヤ」は店を閉めていた。

どうしたのだろうと、思いつつも貼り紙も見ずに、アーケードの坂を登る。

P2211444_kura 国道50号へと出ると、いつものように歩道橋に登る。歩道橋の階段の向こうに見える裸の街路樹が印象的だ。家の近くまで来て気が付いたら、そんな2月の裸になった樹ばかり撮っていた。

P2211462_omotecho 葉がきれい、さっぱりと枯れ落ちた樹木というのは、とてもいいものである。春を前に小枝はほんのりと色付いているし、さっぱりとしているものの、何か温かいものを予想させる。

P2211451_ume だからいいのだろう。春を予感させる。11月ぐらいから木々は葉を落とし始めるが、2月が一番良いと思う。山の方に行けば、いつもは見えない何かが良く見える。

日本を始め、世界の経済は枯れ始めている。こんな時期に、枯葉をさっぱりと落として、その先にあるであろう春に向かって身軽になって、新しい芽を吹いて欲しいと思う。

良いギターは「枯れた音がする」と評されるが、年月を経ると、木は乾燥し硬くなり、接着剤も硬化して、木と接着剤が一体化する。すると響きが良くなるのである。

枯れてきた前橋。地元にいると、なんだか良い音を奏でている感じもしなくはない。行政も、企業も、市民も一体化する日は遠くない気がする。

|

« '69 シフトロッドは大丈夫…つまり | トップページ | やはり雪でした。 »

前橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/28269967

この記事へのトラックバック一覧です: 2月の前橋 枯れた町:

» ウォーキング [ウォーキングStyleで行こう]
今、一番したいこと、それはゴルフのボールを打ちたい〜ことだ。左手の薬指に突き指をして・・・ [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 23時00分

« '69 シフトロッドは大丈夫…つまり | トップページ | やはり雪でした。 »