« 西山名駅から。 | トップページ | 新東京タワーの業平橋界隈 »

2009年1月21日 (水)

上野の司馬で、編集と

P6130108_ginzalineueno 今宵は、某鉄道雑誌の編集のNさんと上野で飲んだ。始めて会ってから2年半が経ち、時々お互いに「飲みたいですね」といいつつ。

P6100049_uenost 仕事は押上だったので、浅草線から、銀座線に乗り換え、私の最寄駅の田原町を過ぎる。なんだか変だね。普段降りる駅を行きすぎるのは。

それにしても、趣味、趣向が同じ人間と飲むというのは、素晴らしい。大した量は飲んでいないかも知れないが、楽しい。嫌なことも全て忘れて好きな話に没頭できる。

それも不思議な物で、一度会って挨拶をしただけ。あと、雑誌の原稿を何度か書いたが、それは全てメール。電話もした事がなかった。

今回飲むことが決まって、初めてお互いの携帯の番号をやり取りして、間違うといけないからと思い、番号を携帯に入れると、そのまま電話をしてみた。

2年半振りに聞く肉声、電話を通してではあるが、何の違和感もない。それどころか、今日会って、飲み始めてしまえば、共通の話題ばかりで、旧知の友のようだ。

話さなければいけないことは、原稿のことだが、そんな事もお構いなしに、ひとしきり話をして、最後の最後で原稿の話し。来月発売号の原稿をまずは書かないといけないが、それこそ最後、駅の手前で別れる時。それだったら、電話で話せば、メールでやり取りすれば、1、2分で済むジャン、って感じ。

目的は、もう一つ。私の連載の話し。少しやり取りのあった後、「とりあえず、2回か、3回分、書いてみてくださいよ」だって。だったら、これも、その一言を電話で言うか、メールで済む。

でも、会って話しをするのがきっとイイのだと思う。私のスイッチも、「よし書いてやるぞ」とONになった。原稿は、いやいや書いているわけではないし、むしろ原稿を書くのが好きな人間と言える。大したネタはないけれど、自分が体験した事を書くのは大好きだ。普通の人とは一味違う「変わり者」人生を歩んできたから、何人でもよいから、そんな変わり者の世界に引きずり込みたい気持ちもある。

あ~、今年も楽しい年になりそうだ。ある面、もういい歳だから、ここらで一発、オヤジの貯めてきたものを一気に大放出、総決算してもいい。まあ、総決算というほどではなく、オヤジの決算前の「棚卸」を。まだ、連載されるかどうかは分からないが、ちょっとそれに賭けてみようと。頑張ります!

|

« 西山名駅から。 | トップページ | 新東京タワーの業平橋界隈 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/27331824

この記事へのトラックバック一覧です: 上野の司馬で、編集と:

« 西山名駅から。 | トップページ | 新東京タワーの業平橋界隈 »