« 2009年 鉄にワーゲン…新春事始め。 | トップページ | 色々な意味で初出勤。 »

2009年1月 4日 (日)

倉賀野へ

P1044604_de10 なんとなくネットを見ていて、そういえば「ちゃんと見に行ったこと無いしな~。」と岩鼻から倉賀野までワーゲンで行って来た。

なんとな~く、近いからと出掛けたのだが、なかなか良いひと時を経験した。

P1044612_points 最近、道路が変わって、家の近くの道を真っ直ぐに行けば、岩鼻の火薬工場へと行けてしまう。近くなった感じだが、そのかわり以前の道が何処なのだか判らない。まあ、今日は出掛けるのも遅かったし新しい道を行けばいいと、そのまま行く。

P1044650_rails 実は、年末に高崎に行く時、時間があれば倉賀野にも寄ろうと地図をプリントアウトしていたのが役立つ。岩鼻の小学校をぐるりと回れば、終点部の引き上げ線にでる。

P1044673_railssilhouette 沢山の線路に、タキやコキが整然と並び、DE10が三両ほどきっと定位置に停まっている。

P1044711_de10 なかなか良い光景だ。ヤードの中を横切る踏切の先にビートルを停め、その踏切を往復して写真を撮る。

P1044786_ef65 地図を見て、国道17号沿い、ヤードの終点部分に移動するとEF65が4両留置されていた。

P1044823_tankcar タキや、コンテナ列車を撮影し、ビートルに戻ると、自転車に乗った青年がやって来て、カバンからカメラを取り出し、EF65を撮り始めた。

P1044838_containercar しばらくして、ビートルから降りて話しかけてみる。

「このEF65を取りに来たの?これって珍しいの。」と聞くと、「EF65の500番台ですが、F型なんです。貨物用の500番台で去年の6月に最後の車両が廃車になった…(私の理解が誤っているかも)」などと話をしてくれた。

P1044907_point 「今日は貨物が走りますかね?倉賀野でカメラを構えている人がいましたし。」と彼が聞いてきた。

「私は、別に走っても、走らなくてもいいんだけど。」と応えて別れ、私は先の踏切までビートルを走らせた。

P1045027_signal 踏切から倉賀野方面を見ると、左手にプラットホームのようなものがある。今は使われていないようで、線路もつながっていないかの感じだ。

それで、次の踏切までワーゲンを走らせると、レールは錆び、草に覆われながらも、線路は残っていた。

P1045048_train 更に倉賀野寄りに行ったが、ショッピングモールとパチンコ屋の駐車場は車であふれていて、置き場が無い。

仕方なく、倉賀野駅をぐるりと回ってみると、高崎寄りの踏切が鳴り始めた。

P1045055_crossing  踏み切りに行くと、道路脇にビートルを停め、カメラを持って踏み切りへ行くと、自転車に乗った青年が現れた。

「タンクの方のヤードで、入れ替えが始まりましたよ。」と。

写真を撮りながら「まだ、走っているかな? じゃ貨物が走るのかな?」というと、

「まだ走っていると思いますよ。貨物列車は分からないけど。」

と会話をして別れる。

P1045067_tanktrain_2 倉賀野駅の脇の踏切を渡ると、DE10の牽引するタンク車が見えた。

「これは、間もなく発車する!」と直感し、パチンコ屋のすぐ北の一通の路地を抜けて隣の踏み切りに来て、渡った途端に踏切が鳴り始めた。

ビートルを工場の入口の隅に停め、カメラを持ち出す。

遠くで発車するフォーンの音がし、しばらくするとDE10が顔を出した。とてもゆっくりと走ってくる。

P1045085_tanktrain 今にも停まりそうなスピードで、目の前を横切っていく。踏み切りに停まっている人には迷惑かも知れないが、なかなか良い光景だ。

次の踏み切りに近付くと、もう今にも停まりそうだ。しばらくして、車で行けば追いつけるかもしれないと思ったが、踏み切りに溜まっていた車たちの最後尾では、なかなかたどり着けない。

P1045107_tanks_2 たどり着けば、列車は真っ直ぐにヤードに入り、既に先頭の機関車は切り離され、定位置に向かっていた。望遠レンズで見ていると、排気ガスをブォンと吹き上げた。「こいつは、走り出した。」とその先の踏み切りに向かう。

P1045112_crossingde10_2 踏み切りに着くと、一台のクルマが既に停めてあった。倉賀野でカメラを構えていたのは、このクルマのオーナーかなと思いながら踏み切りに行くと、DE10は踏切を横切ると、定位置に停止し、作業完了となってしまった。

ここで気が付いた。私が倉賀野駅周辺でもたもたしている間、入れ替えが始まり、青年が倉賀野駅にやってきている間に、DE10は倉賀野駅までやって来て、貨物列車の先頭に付いていたのだった。

それにしても、ヤードをただ撮りに行っただけなのに、絶妙なタイミングで貨物列車と遭遇できた。それもあの青年のお陰である。

ところで彼は、貨物列車の写真が撮れただろうか?

|

« 2009年 鉄にワーゲン…新春事始め。 | トップページ | 色々な意味で初出勤。 »

群馬」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/26800833

この記事へのトラックバック一覧です: 倉賀野へ:

« 2009年 鉄にワーゲン…新春事始め。 | トップページ | 色々な意味で初出勤。 »